10の質問:ケパ・アリサバラガ

今シーズン、特にPK戦で大きな活躍を見せたケパ・アリサバラガが、様々なテーマについて10の質問に答えてくれた。

ケパは、2021/22シーズンもPK戦でその実力を発揮し、開幕戦となったUEFAスーパーカップでのビリャレアル戦、カラバオカップでのアストンヴィラ戦とサウサンプトン戦での連勝に大きく貢献した。

ケパはこの3つのPK戦で4つのセーブを記録し、2018年にチェルシーに加入してからの通算PKセーブ数を8回に伸ばし、これまでのクラブ記録であるペトル・チェフの6回を上回った。彼の活躍により、ブルーズは同一シーズンでPK戦3連勝というクラブ史上初の快挙を達成した。

ケパは、これらの記録やPKのノウハウについて語るとともに、エドゥアール・メンディの代役としていつでもチームを助けられるように準備しておく心構えや、チーム全体が協力し合うことの重要性についてなど、10の質問に答えてくれた...。

まず最初に、記録達成おめでとうございます。PK戦でのセーブ数8回はチェルシーでの最多記録ですし、これでクラブとして初めて3回連続でPK戦に勝利しましたが、すべてあなたがゴールを守りました。

8回のセーブという記録を達成する前は知らなかったし、3回連続でPK戦を制したという記録についても知らなかったけど、記録保持者になれたことはとても嬉しいし、誇りに思うよ。本当に嬉しいけれど、最も重要なのは、最初のはトロフィーのためで、残りの2回は次のラウンドに進むためだったということなんだ。

最終的にはチームを助けることが目的で、それができれば嬉しいし、記録はその後についてくるものなんだ。最も重要なことは、次のラウンドに進み、それに勝つことだよ。

PK戦の記録は、これまでペトル・チェフが持っていたものです。彼は常に自分の統計や記録を把握することに熱心ですが、この記録を塗り替えることについて彼と話しましたか?

彼はコブハムにいるから毎日話している。何でも話すし、彼はいつもゴールキーパーの傍にいる。この2つの記録については話してないけど、彼はこの記録を失っても何の問題もないだろうね。チェルシーの記録だし、お互いにクラブのためにベストを尽くしたいと思っているから、記録について彼と話すことは良いことだね。

自分はそういったデータを見ることにはあまり時間をかけないんだ。対戦相手の選手や、自分が対戦する可能性のある選手の統計はもっと見るけど、記録についてはあまり見ないかもしれない。今の彼のように引退したら、自分が過去にやったことの数字をもっと見るようになるかもしれないけど、今は他の選手の統計を見て、どうやって止めたらいいかを考えることに集中している。

あなたにはペナルティの才能があるようですね。何が自分の強みになっていると思いますか?

わからないけど、今までずっとペナルティーが好きで、キャリアの中でずっとPK戦に臨んできたんだ。秘訣があるとは言わない。ないかもしれないからね。だけど、PKには自信があるんだ。ジョルジーニョのように、フリーキックやPKを得意とする選手がいるのと同じだよ。それは自分が持っている一つの能力で、それを使ってチームのために役立てるようにしている。

ゴールキーパーがPKを成功させるためには、様々な要素が必要だと思う。準備、運、精神力、個人の能力など、さまざまな要素が絡み合っているんだ。

今、すべてのチーム、すべての選手が他の選手についての情報を持っているから、その情報をどう管理するかが問題となる。これは数学ではなく、2+2=4とはいかないから、本能やPKへのアプローチの仕方も重要となるんだ。

いつも言っているのは、PK戦は好きだけど、何よりもチームを助けることが好きだから、こうやってチームを助けることがとても嬉しいんだ。

試合の終盤、PK戦が近づいてきたときや、PK戦が始まる前の緊張した数分間、ゴールキーパーとして何を考え、何をしていますか?自信があるからこそ、相手にまず蹴らせたいと思うのでしょうか?

いや、試合中はPK戦のことは考えないよ。前回のサウサンプトン戦では、最後の2つのセットプレーでちょっとしたトラブルに見舞われたからね。だから、ペナルティを望むかどうかを考える時間はないんだ。

試合に90分間集中して、最後の最後でPK戦に備える。試合が終われば、「よし、次はPKだ」と考えることができるけど、試合中は自分の役割に集中するんだ。

PK戦が始まる前に、GKコーチや他のGKと話し合っている。多かれ少なかれ、相手チームで誰がプレーしているかわかっているんだ。90分、120分までいくとだいたい何人か選手交代しているしね。

だから、誰がシュートを打てるか、誰が打てないかを考えて、ゴールに向かう準備をする。でも、考えている時間はあまりない。どうやってシュートを打つか、どうやって構えるかはもうわかっているから、リラックスしながらも準備をするだけだよ。

これまでのチェルシーでは、どのPK戦がお気に入りですか?

迷うね。多分、ビリャレアルとの試合だと思うよ。トロフィーを手にしたとき、「ああ、優勝したんだな」と実感したよ。

今のサッカー界では、トロフィーを獲得するのは簡単じゃない。だからこそ、1つのPKをセーブするチャンスがあって、それがトロフィー獲得につながったときには、本当に良い気分になるんだ。次のラウンドに進むときもアドレナリンが出て、幸福感に満たされるけど、トロフィーを手にするのが、サッカーにおいて最高の瞬間だよ。

エドゥアール・メンディが加入してからは、これまでのように頻繁にプレーしていませんね。いつでもチームを助けることができるように、どのように準備をしていますか?

それはとても重要なことだよ。自分自身のためにも、チームのためにも、常に準備をしておくことが選手の仕事だからね。

誰もがプレーしたいと思っているし、プレーしていないときは簡単じゃない。でも、自分が心がけているのは、毎日自分に厳しくすることなんだ。毎日のトレーニングで自分を奮い立たせ、ポジティブでいること。簡単ではないこともあるだろうけど、精神的に強くなければならないんだ。

カップ戦でも、リーグ戦のトッテナム戦でも、チャンスがあれば全力で挑み、監督が苦渋の決断を下せるように全力を尽くしている。

トーマス・トゥヘルは、あなたのような状況にある選手に対しては正直であることが重要であり、競争の激しいチェルシーのようなビッグクラブでのキャリアの現実であることを理解しなければならないと述べています。あなたもそう思いますか?

チェルシーはすべてのポジションに高いクオリティーを持っている選手がいるとても良いチームだと思う。毎試合、ベンチにはビッグネームがいて、たくさんの代表選手がいるけど、チームにはそれが必要なんだ。

シーズン中、できればたくさんの試合に出たいと思っている。全員がいつでも試合に出られる準備をしなければならない。みんなに出番が回ってくるのだから、それが必要なんだ。トレーニングでは、全員が激しい練習に臨み、お互いに刺激し合う必要があるし、自分たちはそれができていると思う。

チームには良い雰囲気がある。もちろん、誰もがプレーしたいし、毎週プレーしたいと思っているけど、監督の決断を受け入れ、努力を続け、チャンスがあればそれをものにする準備をしておくことも重要なんだ。

トゥヘル監督の下では、今シーズンも昨シーズンも、チームの外にいた選手たちが戻ってきて大きなインパクトを与えています。彼には贔屓目がなく、チャンスをつかめば扉は決して閉まらない、というのは良いことでしょうね。

どのポジションにも素晴らしい選手がいることはわかっている。今、自分に起こっていることは、毎週他のポジションでも起こることだから、自分が言ったように、準備ができていることが大事なんだ。どのポジションにも優れた選手がいるから、努力してチャンスを掴むしかないんだ。

昨シーズン、何人かの選手に起こったことは覚えている。その後、シーズン中にもケガやコンディションの問題があったけど、それは普通のことだと思う。11ヶ月という長いシーズンだったから、どの選手にも浮き沈みがあった。

チェルシーには多くの選手がいて、多くの試合があるから、すべての選手がトロフィーを獲得するために、可能な限り最高の状態で最後の数ヶ月を迎える必要がある。

今シーズン、あなたがプレーするたびに、そのパフォーマンスは監督やチームメイトから多くの賞賛を受けています。自分がどれだけ評価されているかを知るのは嬉しいことでしょうね...。

いい気分だよ。チームメイトや監督からのサポートや愛を感じるのは良いこと。それによって、自分がプレーしていないときもチームをサポートし、大胆に、そしてポジティブにプッシュし続けることができるんだ。

思うようにプレーできていないときには、その場で与えられた役割でチームを助けることがとても重要だと思う。これは自分が心がけていることであり、チームメイトがプレーしていないときにも求めていることだ。

チェルシー以外の人からも称賛されていますね。先日、元イングランド代表GKのデイビッド・ジェームズ氏が、プレミアリーグで最も俊敏なキーパーだと言っていましたが、彼は以前にもあなたを褒めていましたよね?

彼が自分のことを話しているのは知っていたけど、そんなことを言ってたんだね。彼の意見には少し同意するよ。自分の特徴のひとつだと思うからね。自分は柔軟性があり、ゴールライン上では素早く、機敏に動くことができる。それが特徴のひとつだから、PK戦でのプレーに役立っているのかもしれない。

でも、プレミアリーグの他のゴールキーパーと比較した場合はわからない。今はいろいろなクラブでいろいろなタイプのGKが活躍しているからね。ペトル・チェフのように2メートルのGKもいれば、自分のように1.88メートルくらいのGKもいる。体格が違うから、ゴールでの仕事の仕方はもしかしたら違うかもしれないね。

特徴についても同じことが言える。あるゴールキーパーはより機敏で、あるゴールキーパーはより足を使ってプレーし、あるゴールキーパーはより攻撃的だ。自分の資質を生かして、チームのために役立てようとしなければならないんだ。

チェルシーからその他