マッチプレビュー

スタッツ - チェルシー v ユベントス

チェルシーとユベントスはチャンピオンズリーグの過去3大会で対戦経験がある


チェルシー対ユベントスの直接対決

チェルシーのCL戦ホームでの最大得点試合

2014年10月21日 チェルシー6−0マリボル グループステージ

2017年9月12日 チェルシー6−0カラバフ グループステージ

ユベントスのCL戦アウェイでの最大得点勝利           

 2016年9月27日 ディナモ・ザグレブ0−4ユベントス グループステージ

1995年11月1日 レンジャーズ0−4ユベントス グループステージ

チェルシースタッツ

チェルシーはホームで歴史上初の無失点5試合連続勝利を目指している。

すでにスタンフォードブリッジでのチャンピオンズリーグ戦4試合連続勝利を果たしており、これは2013/14シーズン以来である。

2003年の10月からスタンフォードブリッジで行われた49試合のCLグループステージの試合で2試合しか負けておらず34試合に勝利している。負けた2試合は2013年のバーゼル戦と2019年のバレンシア戦。

アウェイでのユベントス戦では16本のシュートを放ち、得点を奪えなかったCLの試合では、

2003年の記録開始以来、最も多いシュート数であった。

チェルシーは、全8グループが4試合を終えた時点で、フェデリコ・キエーザに許したトリノでの1失点のみ、全チームで最高の守備成績を収めている。 

このシーズンの前にイタリア勢と最後に対戦したのは、2017/18チャンピオンズリーグのグループステージで、ローマとホームで3-3で引き分けた後、アウェイで3-0で敗れた試合である。今シーズンのマッチデー2、ユーベに対する敗戦により、セリエA勢との対戦では5試合連続未勝利(2引き分け、3敗)となった。

 2011年12月のチャンピオンズリーグでは、ラウンド16セカンドレグのナポリ戦で延長戦を4-1で制したが、ホーム&アウェーでのイタリア勢との最近10試合では、唯一の勝利となっている(3回引き分け、6回敗戦)

 チェルシーは、2009年のユベントス戦で1-0で勝利して以来、イタリア勢とのチャンピオンズリーグ10試合で完封を達成できていない。

マイルストーンズ

この試合がトーマス・トゥヘルのブルーズでの50試合目となる。勝率は63.3%で、今シーズンの3つの引き分け(スーパーカップとカラバオカップの2試合)と1試合をPK戦で勝ったことを含めると、69.4%になる。 

ハキム・ツィエクは、レスター戦でチェルシーでの50回目の出場を果たした。 

ユベントス スタッツ

ハキム・ツィエクは、レスター戦でチェルシーでの50回目の出場を果たした。 

 ユベントスは、昨シーズンのグループステージで6試合中5試合に勝利し、第6節のバルセロナ戦で3-0の勝利を収めてグループGの首位に立ったが、ラウンドオブ16ではポルトに負け敗退した。 

CLでのグループステージ直近7試合を合計すると17−2という記録になる。

リヴァプール、アヤックス、バイエルン・ミュンヘンと並んでグループリーグ初戦に勝利したチームの一つ。

 ユベントスは、チャンピオンズリーグで直近の5試合に勝利しており、これはバイエルン・ミュンヘンと並んで現在の最長記録。この試合に勝てば、欧州カップ/チャンピオンズリーグでの連勝記録を更新することになる。 

 ユベントスが最後にイギリスのチームと対戦したのは、2018/19チャンピオンズリーグのグループステージで、マンチェスター・ユナイテッドに1-0で勝利した後、ホームで2-1で敗れた。 

 このマン・Utdの勝利は、ユーベにとってプレミアリーグのクラブとの直近11試合(6勝4引き分け)で唯一の敗北であり、直近8試合では6勝している。 

ユベントスは、欧州カップ/チャンピオンズリーグで、前年王者との対戦で8勝しており、レアル・マドリードだけがより多く(11勝)勝利している。 

チェルシーからその他