分析

チェルシー50試合目、素晴らしい結果を残したトゥヘル、チルウェルとカンテの負傷状況についても語る

トーマス・トゥヘルは、スタンフォードブリッジでのユベントス戦を4ゴールで終えた後、ほぼ完璧な出来栄えに満足していた。

チェルシーはイタリアの強豪を相手に圧倒的な強さを見せつけ、チャンピオンズリーグの決勝トーナメント進出を決め、グループHの首位争いの主導権を握った。これらのゴールは圧倒的なパフォーマンスを締めくくるもので、監督は試合後、選手たちの努力、態度、クオリティーに対する喜びを語った。

「非常に力強いパフォーマンスで、素晴らしい結果となった。」と語った。「我慢しなければならないことはわかっていたが、同時にリズムと強さに責任を持たなければならなかった。」

「細かい部分にも気を配り、第1戦のようにゲームを加速させ、よりシャープになるタイミングを見計らう必要があった、チームはこれらすべてを実行してくれた。全員が素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたので、選手たちには感謝している。」

「守りの堅いチームを相手に、これだけのゴールを決めたことは素晴らしい成果で、我々にとっては素晴らしい結果を得た素晴らしい夜だった。」

「明日は選手たちにとってオフの日で、ゆっくりして欲しいが、木曜日の午後からは次の試合の準備をする。地に足をつけていきたいが、とても力強いパフォーマンスだった。」

この勝利は、トゥヘルのチェルシー監督50試合目でのメモリアルなものだった

「50回目の試合は最高になったね。意識していなかったけど、もう50試合もしたなんて素晴らしいね。」

「毎日、このクラブにいて、このチームの一員であることをうれしく思う。彼らは素晴らしい態度で、決意とハングリー精神を持っているので、このエネルギーと雰囲気をグループ内で維持していきたいと思う。困難はつきものだが、それが私たちを前進させてくれるはずだ。」

また、トゥヘルは、今シーズンのチャンピオンズリーグで最も優れた守備の記録についても聞かれた

「監督室の上に "ディフェンスが大事だ!"と書かれているわけではないよ。守備はゲームの中で非常に大きな部分を占めている。時には守備をすることで試合の主導権を握り、カウンターを防ぐこともできる。」

「意識の高さを感じるし、目に見えない仕事にも感謝している。非常に規律正しく、それが私たちの強みだ。守らなければならないときには、しっかりとした守備をする。」

「就任初日から非常に良い守り方をしたと感じていた。ポゼッションは握れていたから、そこからチャンスを生み出そうとしていた。新しいシーズンに入って、チームが少し新しくなっているから、それを再現しようとしている。」

「時々、チームは勢いに乗ることがあるが、今は明らかにそうなので、選手たちには感謝している。私たちは、ゲームのすべての部分で強くありたいと思っている。ハングリー精神が豊富なチームで、指導していて楽しいよ。」

また、負傷して足を引きずっていたチルウェルとカンテの最新情報も報告した

「彼(チルウェル)は、反対サイドのリースのように素晴らしいプレーをしていたので、心配だ。彼らは最高の状態で、自信に満ちていて、クオリティーも高かった。」

「チリーは膝に鋭い痛みを抱えていて、とても苦しそうだった。今は少し良くなってきている、明日、より正確な検査を行う予定だ。最善を尽くしたいし、それほど悪いニュースではない。」

「カンテも同じだ。膝を少しひねってしまったが、それほど悪くないことを願っている。この2つだけが悲しい点だった。なぜなら、カンテは退場する瞬間まで再び素晴らしい活躍をしていたし、チリーも素晴らしい活躍をしていて重要な存在だっただからだ。早い回復を願っている。」

チェルシーからその他