Pre-Match Briefing:チェルシーvsマンU

ブルーズは、ホームでのビッグマッチでもこれまでの好調を維持するチャンスがある。この試合を前にチェルシーのクラブ史に精通するリック・グランヴィルとデータ収集家ポール・ダットンが主なポイントを紹介する。

チェルシーはリーグ戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、キャンペーンの3分の1以上を終了する。ブルーズにとっては、2月に同じ相手と0-0で膠着状態になって以来、日曜のリーグ戦では初めてのホームでの試合となる。

ヨーロッパでセンセーショナルなパフォーマンスを見せたブルーズは国内外で首位に立ち、最高の気分でこの試合に臨むことができる。プレミアリーグでブルーズが最初の12試合のうち9試合に勝利したのは、これで10回目となる。そして過去9回のうち5回はタイトルを獲得し、残りの1回は3位以内でフィニッシュしている。

一方、ユナイテッドは先週末、5試合で3度目の敗北を喫したが、火曜日のビリャレアル戦では、オーレが解任されてからの初戦で勝利を収めた。

しかし、過去8試合の結果を見ると、この試合が1位対18位であり、この間、マンUは5回の敗北を喫している。トーマス・トゥヘル監督は、負傷者を抱えながらも、10試合中8試合を無敗で終え、リーグ戦でも7試合の無敗記録を更新したいと考えている。

チェルシーは首位として4度マンUとホームで対戦、勝利した3シーズンはいずれもリーグ制覇を果たしている。

photo of 主なデータ 主なデータ


チェルシーのニュース

チャンピオンズリーグ・ラウンド16への進出を決めたチェルシーだが、エンゴロ・カンテとベン・チルウェルが負傷してしまった。ルベン・ロフタス=チークはフランス代表MFの代わりに活躍し、赤い悪魔との対戦でもその座を維持する可能性がある。左ウイングバックについては、トゥヘル監督は、チルウェルが復帰するまで(最低6週間)はリース・ジェイムズをコンバートし、彼の代役としてセサル・アスピリクエタを起用するつもりだと説明している。

「チルウェルはACLの部分損傷で判断は6週間後になる。コヴァとカンテは欠場する。」|トーマス・トゥヘル監督

マンU戦前にトーマス・トゥヘル監督がチームの状況をアップデートした。

そうなると、毎試合ではないにしても、今季初出場のマルコス・アロンソがその役割を担うことになる。左サイドでのプレーに大きな影響力を持つカラム・ハドソン=オドイもその一人で、ドルトムント時代、そしてプレシーズンのアーセナル戦で右ウイングバックとしてプレーしていたクリスチャン・プリシッチの起用も考えられる。


ロメル・ルカクは火曜日の試合では出場しなかったが、かつてハットトリックを達成したことのある古巣との対戦では、復帰の可能性がある。ルカクとティモ・ヴェルナーが欠場したにもかかわらず、ブルーズは過去12回の対戦で10ポイントを獲得している。

マテオ・コヴァチッチは依然として欠場しているが、カイ・ハフェルツはハムストリングの張りから回復している。

開幕戦でFKからゴールを決めたアロンソ

トゥヘル監督は、ファイナルサードでの正確さを求めているが、セットプレー、カウンターアタック、相手ディフェンスを崩すプレー、ライン間を抜ける動きなど、様々な方法でネットを揺らしていることに喜びを感じているに違いない。

ハキム・ツィエクは肩を負傷する前の状態を取り戻しつつあり、連続してゴールを決め、プリシッチとヴェルナーはそれぞれ8月と10月以来となるゴールを決めた。

再起動するレッドデビル

マイケル・キャリックは、四半世紀以上にわたって監督を務めたサー・アレックス・ファーガソンの退任後、8年間で6人目のマンチェスター・ユナイテッドの監督となった。

彼とキーラン・マッケンナはすでにトップチームのトレーニングを担当しており、次の暫定的な担当者ができるまで継続性を持たせることができる。キャリックは火曜日、いつもの4-2-3-1のフォーメーションを使い、ボールのないときの4-4-2からボールのあるときの4-3-3へと変化させ、クリスティアーノ・ロナウド、アントニー・マルシャル、ドニー・ファン・デ・ベークが定期的に役割を交代した。フレッジは、ビリャレアルのウイングバックを抑えるために左に回ったが、怪我で出場するかわからないリース・ジェイムズに対しても同じことをするかもしれない。

また、脳震盪を起こしたルーク・ショーに代わってアレックス・テレスが左サイドバックに入り、14試合無得点のブルーノ・フェルナンデスがファン・デ・ベークと交代するまでベンチに置かれ、試合の流れを変えた。

右サイドに配置されたジェイドン・サンチョは、ファーガソン時代のようなウイング&クロスのアプローチを取った。

夏に加入したサンチョは先週ようやく移籍後初ゴールを決めた

デ・ヘアが1時間にわたってビリャレアルを抑えていたこともあり、チーム総得点の3分の1を決めている必然的にロナウドが今季10ゴール目を記録し、試合の流れを変えることになった。そして、最後はサンチェスの初得点で勝負がついた。

この週末、ハリー・マグワイアが出場停止になったことで、マンUは最高のシュートブロッカーと空中戦の猛者を失うことになった。また、ラファエル・ヴァランが負傷しているため、ヴィクター・リンデロフのパートナーがいない。

オールドトラフォードから離れた場所でより多くのポイントを獲得しているにもかかわらず、アウェーでのマンUは概してスロースターターで、開始30分でネットを揺らしたのは1回だけだ。しかし、ホストチームが先制した5回のうち、3回は同点に追いついている。

負傷したポール・ポグバは創造性を発揮できないが、ショー、エディンソン・カバーニ、メイソン・グリーンウッドが戻ってくる可能性がある。

チェルシーからその他