トゥヘル:ラッキーな勝利とサウールの交代について

トーマス・トゥヘル監督は、ヴィカレージ・ロードでの勝ち点3を「盗みとった」ものと語り、就任以来最悪レベルの出来だったことを認めた。

2-1で勝利したワトフォード戦について、監督は言い訳をせずにチームに対して厳しい評価を下した。しかし彼は、いつものような高いパフォーマンスは発揮できなかったものの、選手たちが勝利への道を見つけたことに満足しているだろう。

「今夜のプレーは非常にずさんだった」と試合後に語ったトゥヘル。

「いつもとは全く異なるパフォーマンスだった。準備ができていなかった。自分にもその責任はある。監督は、試合に向けてチームを準備し、試合中に起きることに備えなければならない。チームとしてのパフォーマンスがこれほど低かったのは初めてだ。ファーストボールにも、プレッシャーにも、セカンドボールにもうまく対応できなかった。」

「相手との競り合いに勝つか負けるかは重要だけど、今夜はそれにさえ至らなかった。中断中にも、ハーフタイムにも、そのことについて話す機会があった。ビルドアップで苦戦していたのは明らかだったから、簡単なメッセージを伝えようとした。基本的なことをもっとしっかりやって、メンタリティを変える必要があった。」

「なんとか努力した。自分は選手に対して批判的ではなく、状況をしっかりと分析したと思っている。チーム全体が自分たち自身に対しても批判的だからね。この試合に勝てたのはラッキーだったと認めるよ。土曜日にも試合があるから、この試合についていつまでも考えるつもりはない。」

「うまくいかなかった理由はいくつかある。ワトフォードは熱意を持ってプレーしていたし、チェルシーは基本的なことができていなかった。全員に責任があるし、勝てたのは運が良かったからで、勝ち点3を盗み取ったと言えるだろう。」

ハキムの決勝点

トゥヘルは、メイソン・マウントの先制点が入った時も落ち着かなかったと述べ、最終的にはハキム・ツィエクがリーグ戦初のゴールを決めて勝ち越したことに感謝した。

「メイソンのゴールがあったけど、チェルシーが主導権を握ったわけではなかった。その後も相手に攻められたし、攻撃陣の選手交代で試合の流れを変えようとした。バーンリーとマンU相手にポイントを失った。1-1だったから、攻撃陣を変えることでチームを勇気づけようとしたんだ。ワトフォードの中盤の選手が積極的に攻撃参加していたから、そのスペースを突けると期待したんだ。」

「プリシッチをウイングバックのポジションのままにして、ハキムとロメルを投入することにした。彼らが得点してくれればと思っていた。何とか勝ち点3を獲得できたことが非常に重要だったし、ハキムが決めてくれてよかったよ。」

サウールの途中交代

プレミアリーグ出場2試合目となったサウールだったが、今回もハーフタイムにベンチに退くことになった。序盤の45分間、ワトフォードの積極的なプレスに苦戦していたブルーズの中の一人だった彼を交代した理由を、トゥヘル監督は次のように説明した。

「彼はイエローカードをもらっていた。マルコスを外してサウールをウイングバックにすることも選択肢としてはあった。マルコスに何かあったときのために、試合前から考えていたことだけど、新しいポジションを試すには適切な試合ではなかった。」

「少し布陣を変えて、組織力のあるチアゴを投入しフィジカルの強いチャロバーを6番(守備的MF)で起用するために、彼を外すことにしたんだ。残念ながらトレヴォは怪我をしてしまったから、結局、ルベンを6番で起用することになった。これは戦術的なことだから、致し方ないことなんだ。」

「次の試合は土曜日に迫っている。チャロバーの怪我が一番心配だ。今日はたくさんの衝突があった。ドクターは選手の治療のために20回くらいピッチに入ったんじゃないかな。トレヴォを怪我で失ったことは大きな損失だし、すでに何人かの主力選手が負傷している。次の試合が土曜日の12時30分からだから、少し心配している。」

また、トゥヘル監督は、観客が心臓発作を起こしたことで試合が30分中断されたことについてもコメントを残した。

「すぐに応急処置を受けていた。チェルシーの全員が、彼の回復を祈っているし、すべてが順調に進むことを願っている。」

「審判は、両チームをドレッシングルームに入るように促した。これは、医療スタッフが応急処置する時間を与えるためと、選手が寒いピッチの上に留まらないようにするためだった。その後も、いつピッチに戻るか、ウォームアップにどれだけ時間が与えられるかなど、常にコミュニケーションを取っていたよ。」

チェルシーからその他