トゥヘル、ゼニト戦での5人の欠場とコヴァチッチについての最新情報を発表

トーマス・トゥヘル監督は、今夜行われるチャンピオンズリーグのFCゼニト・サンクトペテルブルク戦を、5人の選手が欠場することを明かした。

昨日(火曜日)の午後、ロシアに到着したチェルシーは、ノックアウトステージに向けてグループステージ首位突破を目指す。

ジョルジーニョは背中の痛みにより、エンゴロ・カンテ、チャロバー、ベン・チルウェルとともに欠場することになった。また、マテオ・コヴァチッチはCOVID-19の陽性反応が出たため、自粛期間に入った。

トゥヘル監督は試合前の記者会見で、「明日は何人かの選手が欠場する」と発表した。

「ベン・チルウェル、カンテ、チャロバー、マテオ・コヴァチッチ、そしてジョルジーニョも欠場する。」

「遠征前の最後のトレーニングを終えたばかりだから、まだすべてを決めたわけではないけど、土曜日のリーズのことも考えなければならないから、いくつかの変更点があるかもしれない。」

コヴァチッチとジョルジーニョが今日の練習に参加しなかったた理由について、監督は次のように説明した。

「コヴァは今週行われたCOVID-19検査で陽性反応が出たことによりリハビリができていない。ジョルジは土曜日のウェストハムでの怪我による痛みを抱えている。」

「怪我やスケジュールの関係で、ちょっとした問題が発生している。難しい状況の中、中盤のようにいくつかのポジションで負傷者が出ている。明日の試合よりも、土曜日に行われるリーグ戦の方が問題となる。」

「ウェストハムとのランチタイムの試合の後にゼニトと夜の試合に臨むことになる。1日オフをとってから今日は良いトレーニングができた。問題は次の土曜日の試合だ。睡眠時間を削って、木曜日早朝に戻ってきて、そしてこの試合に向けて準備を進めているリーズと対戦することになる。」

チェルシーからその他