「彼女はレジェンドだ」「彼はチェルシーにぴったり」 - トゥヘルとヘイズがお互いを称賛

月曜日、FIFAはチェルシーの男女チームの監督であるトーマス・トゥヘルとエマ・ヘイズをそれぞれの分野で最も優秀であると発表した。これを受け、我らが両監督はこのニュースに反応し、それぞれがもたらした影響を称えあった。

トゥヘルはFIFA男子チーム最優秀監督に、ヘイズはFIFA女子チーム最優秀監督に選ばれ、今週初めにチューリッヒで行われたセレモニーに参加し、チェルシーでの素晴らしい仕事ぶりを称え、一緒にオンラインインタビューに応えた。

トゥヘルはFIFA男子チーム最優秀監督に、ヘイズはFIFA女子チーム最優秀監督に選ばれ、今週初めにチューリッヒで行われたセレモニーに参加し、チェルシーでの素晴らしい仕事ぶりを称え、一緒にオンラインインタビューに応えた。

ヘイズは、1年前に就任してからのトゥヘルの努力について尋ねられると、ためらうことなくこう答えた。

「彼がチェルシーに来た瞬間、彼はチェルシーにぴったりな監督だと思ったし、彼もそれをわかっている。」

「彼はチェルシーの監督になることがどういうことかを知っているし、そういう特権を得られる人はそう多くはない。でも、彼は見ていてとても楽しいし、彼のチームは素晴らしい。クラブが彼を監督として呼べたのはラッキーだった!」

ヘイズの過去10年間の仕事ぶりについて聞かれると、トゥヘルは喜んで次のように答えた。

「(10年間チェルシーの監督を務めたということが)彼女の素晴らしさを物語っている。」

「彼女はすでにここでレジェンドとなっており、自分も彼女のように長く在籍し、多くのタイトルを獲るために頑張っていきたい。」

「彼女とはビルの中ですぐに会った。それ以来、彼女に会うのはいつも楽しいし、おしゃべりするのも楽しい。しかし、置かれている環境が違うのから、意見交換をするために何度も会うことはできない。彼女の仕事は並外れたものであり、素晴らしい監督であり、この賞に相応しい活躍を遂げた。」

「女子チームがどれだけ努力しているか、どれだけ優秀か知っているし、ひとつのクラブとしてとても嬉しい。」

ヘイズは、チェルシーを特別なものにしているのは、男女とも成功に慣れていることだと締めくくった。

「自分は10年間ここで監督をしているけど、トップから下までみんなそうなんだ。進歩の文化であり、勝利の文化であり、多くのことが要求されるけど、同時に多くのことを与えてくれる。」

「このクラブはまさに家族であり、エドゥアール(メンディ、男子最優秀GK)もトーマスの受賞は本当に誇らしいこと。彼らも、チェルシーがどれだけ特別なものかを知っているから。」

チェルシーからその他