Pre-Match Briefing:チェルシーvsトッテナム

忙しかった1月が少し早めに終わろうとしている。日曜日にブリッジでスパーズとのリーグ戦に臨むブルーズ。この試合を前にチェルシーのクラブ史に精通するリック・グランヴィルとデータ収集家ポール・ダットンが主なポイントを紹介する。

このロンドン・ダービーは112年前、「カップ戦の熱狂」と「派閥間の怒号」の中、フラムロードで2-1のホーム勝利を収めて以来、熾烈な争いを繰り広げてきたものだ。

スパーズは過去31回のリーグ戦でのブリッジへの遠征で1度しか勝っておらず、また3位のブルーズを含むトップ4クラブとの過去13試合のうち9試合で負けている(他の4試合は引き分け)。しかし、アントニオ・コンテ監督率いるチームは水曜日にレスターで劇的な勝利を収め、現在消化した試合が4試合少ない状態で3位のブルーズと勝ち点差8まで縮めている。

数日間の休養と、寒い日に行われる熱いダービーが、疲れた体と心を癒してくれるに越したことはない。特に、ブルーズはプレミアリーグ時代、7人の元監督を相手に過去20試合無敗を誇っている。

トッテナム (0) 0-1 (3) チェルシー (A) | カラバオカップ・ハイライト

チェルシーがウェンブリーでの決勝進出を果たしたカラバオカップ準決勝スパーズとの試合のハイライト

カラバオカップでスパーズを敗退に追い込んだチェルシーは、トップ4入りを狙う相手をはね返し勝ち点3を獲得したいところだ。

チェルシーはここ10試合スパーズに負けていない(PK戦を除く)

photo of 主なデータ 主なデータ


チェルシーのニュース

驚くべきことに、火曜日のブライトンでの引き分け(2月から前倒しされた試合)は、12月11日から数えてブルーズにとって12試合目であり、首位に立ったマンチェスター・シティよりも4回多い。

トーマス・トゥヘル監督は「我々はプレーしてプレーしてプレーし続けているチームだ」と語り、その後選手たちに2日間のオフを与えた。FIFA男子チーム年間最優秀監督賞を受賞したトゥヘルは、この休養により選手たちがフレッシュさを取り戻し、最近のリーグ戦での攻守にわたる個々のミスを減らすことを望んでいるに違いない。

僅かな差で、チームはリーグ戦6試合クリーンシートを達成できておらず、かつてのような多彩なゴールチャンスを作ることもできなくなっている。しかし、ダービーのような試合は彼らを奮起させるはずで、実際にチェルシーは今月のカラバオカップですでにスパーズに2勝(合計3-0)している。

準決勝の2試合では4-2-2-2のフォーメーションで臨み、ホームでもアウェーでもほぼ3分の2のボールポゼッションを保持した。センターバックのトレヴォ・チャロバーが練習に復帰し、ウイングバックのケネディがレンタルから戻って順応してきたことで、トゥヘル監督はチームの選択肢が増えたことを喜んでいることだろう。

今週チームトレーニングに復帰したトレヴォ・チャロバー

9月にスパーズの本拠地で行われたリーグ戦では、ケパ・アリサバラガ(FIFA最優秀GKに選ばれたエドゥ・メンディが代表戦に参加しているため代わって出場)がすべてのシュートをはじき、ブルーズは3得点で快勝したが、エンゴロ・カンテがトッテナム戦で2020年11月以来の先発となる可能性がある。

今シーズンのリーグ・カップ戦全試合の中で4番目にポゼッションが低かったブライトン戦では、勝ち点1とハキム・ツィエクの今シーズン5点目だけが収穫だった。シーガルズの同点弾は、チェルシーにとって今季のリーグ戦でセットプレーから許した3点目だった。

疲労のためか、チェルシーはファイナルサードで積極的にプレスをかけることをやめており、トゥヘル監督は前線の戦術を変更する可能性がある。クリスチャン・プリシッチとティモ・ヴェルナーはもっと出場時間を増やしたいだろうし、カイ・ハフェルツは3週間前のスパーズ戦で得点して以来の試合出場になるかもしれない。

トッテナム相手にゴールを決めたハフェルツ

トゥヘル監督にとっては、クラブワールドカップを挟んでのロンドンでのリーグ戦2試合のうちの1試合となる。チェルシーはこれまで行われたトップリーグのダービーで首位に立っており、唯一得失点差がプラスとなっている。この試合で勝利すれば、プレミアリーグでのダービーの勝ち点を501に伸ばし、史上初めて500の大台を突破することになる。

リーグ戦ロンドン・ダービーの順位表
試合得失点差勝ち点平均
1チェルシー54018122.4
2ウェストハム63120101.67
3アーセナル5212071.4
4ブレントフォード5212071.4
5トッテナム6204-461
6クリスタルパレス7133-460.86


コンテが選ぶのは変化か、それとも不動か?

チェルシーはトッテナムにとってプレミアリーグで2番目に手ごわい相手であり、これまで32回もリリーホワイトを破っている。アントニオ・コンテはカラバオカップ準決勝の2試合で元クラブに対して戦術的アプローチを変えたにもかかわらず、スパーズはチェルシーに対して457分間もネットを揺らすことができなかった。

3-4-3システムを採用した第1戦は2-0で敗れ、第2戦では3人のMFを起用し、3-5-2で臨んだが、シュート数は第1戦が2本、第2戦が3本だった。

それでも、この試合でのスパーズのベストプレーヤーは、ルーカス・モウラとハリー・ケインであり、彼らは水曜日のキング・パワー・スタジアムでも攻撃コンビを組んでいた。しかし、後半途中出場から80秒以内にスマートなゴールを決め勝ち点を奪ったのは、前評判の高くなかったスティーブン・ベルフワインだった。

レスター相手に終盤逆転したスパーズ

週末のアーセナル戦が延期になったこともあり、トッテナムは最近の試合よりも好調である印象を受けたが、後半はベルフワインが登場するまでチーム全体の影が薄くなった。しかし、この試合スパーズは今シーズンのどの試合よりも、良いゴールチャンスを作り出していた。

ベルフワインは日曜日にも先発する可能性があるが、他のメンバーはほとんど変わっていない。ソン・フンミン、クリスティアン・ロメロ、そして後方からのパスがコンテの直接的なサッカーに欠かせなかったエリック・ダイアーはまだ欠場中である。

ダビンソン・サンチェスは3バックの中央に留まり、ジャフェット・タンガンガとベン・デイヴィスが脇を固めるようだ。ダイアーのリーダーシップがない中で、スパーズは消耗したフォックスにちぐはぐなディフェンスで2度罰せられた。

セルヒオ・レギロンが負傷から復帰し、左ウイングバックでコーナーを担当したが、右のエメルソン・ロイヤルは45分プレーした後にマット・マット・ドハーティと交代した。


過去の対戦

チェルシーがトッテナムに3回勝てば、トッテナムを飼うことができるというのは、これまで噂に過ぎなかったが、同じシーズンに熾烈なライバルと4回対戦したのは過去に6回しかない。

2001/02シーズン、この2チームは3つの大会で5回対戦している。この日、レーンで行われたリーグカップではスパーズが突破したものの、レーンでのFAカップ、ブリッジでのリーグ戦と4日間で2度、ブルーズがリリーホワイトに4-0で勝利してている。

そのうちの2試合目では、リーグカップで誤審により退場となったジミー・フロイド・ハッセルバインクが、左足、右足、頭を使って見事な「完璧なハットトリック」を達成した。

ハットトリック・ヒーロー:ハッセルバインクがスパーズを撃沈

2002年のトッテナム戦でジミー・フロイド・ハッセルバインクが持ち前のトップクラスの能力でハットトリックを達成した!


ヨーロッパの代表選手にとっては貴重なオフとなる今回のブレーク

今週末は、チェルシーの選手のほとんどの選手が冬休みを迎える。例外は、チアゴ・シウバ(ブラジル代表で2試合)、クリスチャン・プリシッチ(アメリカ代表で3試合)、エドゥ・メンディ(アフリカネイションズカップ出場中で火曜日にラウンド16に出場予定)だ。国際色豊かな選手たちが最後にミッドウィークを自由に過ごせたのは、8月中旬にさかのぼる。

アフリカで活躍するメンディ


近づくクラブワールドカップ

チェルシーは来月末までに、今シーズンのトロフィーを3つ獲得することができる。クラブワールドカップの開幕戦は、代表戦によるブレークの間に行われ、地元のアル・ジャジラがタヒチのピレと2月3日木曜日の16時半(イギリス時間)に対戦する。

一方、アラブ首長国連邦のショッピングセンターでは、11月にアブダビに変更されたばかりのこの大会の認知度を高めるためのロードショーが行われている。トロフィーは、バーミンガムのFattorini社によってデザインされたもので、公式マスコットのダビとガゼルが展示される予定だ。


ケインの記録

イングランド代表は、この代表戦によるブレーク中に試合がないが、昨シーズン、トッテナムのハリー・ケインは、暦年で16ゴールを挙げ、チェルシーの「ガトリングガン」ジョージ・ヒルスドンが作った113年前の記録、12ゴールを上回った。

しかし、1908年、当時22歳だったヒルスドンは、わずか6試合で12得点を挙げ、1試合平均で2得点を記録した。スパーズのストライカーは、2021年に16試合出場し、1試合あたり1ゴールとなっている。

チェルシーの初期のキットをまとうジョージ・ヒルスドン


プレミアリーグ第23節 日程と結果

金曜日
ワトフォード 0-3 ノリッチ

土曜日
エヴァートンvsアストンヴィラ 12時30分
ブレントフォードvsウルブス 15時
リーズvsニューカッスル 15時
マンU vsウェストハム 15時
サウサンプトンvsマンC 17時30分

日曜日
アーセナルvsバーンリー 14時
クリスタルパレスvsリヴァプール 14時
レスターvsブライトン 14時
チェルシーvsトッテナム 16時30分

 

プレミアリーグ 2021/2022
1マンチェスター・シティ22182254134156
2リヴァプール21136255183745
3チェルシー22127345172843
4ウェストハム・ユナイテッド22114741301137
5アーセナル2011273325835
6トッテナム・ホットスパー1810352320333
7マンチェスター・ユナイテッド209563229332
8ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ209471715231
9ブライトン2061042121028
10レスター・シティ187473133-225

チェルシーからその他