一週間のダイジェスト

ホームでトッテナムに快勝したチームを絶賛するトゥヘル、リュディガーがチェルシーへのコミットメントを誓うなど、チェルシーの一週間を振り返る。

トゥヘル: 容赦なく相手を倒した

トーマス・トゥヘルは、チェルシーを率いての1年目を、トッテナムとの今季4勝目という最も喜ばしい結果で締めくくり、そして厳しい試合での選手たちの努力を称えた。

ハキム・ツィエクとチアゴ・シウバのゴールで、プレミアリーグ5試合ぶりの勝利を手にしたブルーズ。

「タフな試合だったが、努力は際立っていたし、勝利に値するものだったので、とても満足している。」

「スパーズ相手にチャンスを作るのはとても難しいが、チームは信じ続けた。良いチームワークと素晴らしい結果だった。」


マウント:トゥヘルの下での一年間

メイソン・マウントは、トーマス・トゥヘル監督のもとでの12ヶ月間で、自分のプレーがどのように変化したかを振り返った。

「今シーズンは、フォワードの10番や、時にはウイング、偽9番としてプレーするなど、おそらく以前よりも少し高い位置でプレーするようになった。でも、そのおかげでエリア内に入る機会が増え、得点やチャンスを生み出すことができるようになったんだ。」

「今シーズンは、さらにこの点を改善し、自分自身にプレッシャーをかけて、前に出て行ってゴールを決めたりアシストをしたりすることに重点を置いている。それは、彼がここにいる間に間違いなく改善された点だ。」

「トゥヘル監督は特に、試合中にどのようなチャンスがあり、どのようなスペースができるかを選手たちに伝えることがうまいんだ。」

「個人として何をすべきかが明確になるからね。スタッフたちにも感心させられている。バックルームスタッフもそうけど、チームに来てからずっと素晴らしいし、本当にうまくいっているよ。」


チェルシーに「完全にコミットした」リュディガー

アントニオ・リュディガーは、チェルシーに「完全にコミットしている」と語り、クラブと彼の代理人の間で新契約をめぐる交渉が進行中であることを明らかにした。

「いつも通り、完全にコミットしている。クラブの方針すべてにね。今日もクラブとの話し合いが行われている。」

28歳のリュディガーはまた、サッカー選手が将来の計画を決定する際に、他の要因、特に家族の要因があることを説明した。

「もちろん、妻の言うことは聞くべきだよ。家族のことも考えないといけない。子供たちには、彼らがここロンドンで生まれたと言っているんだ。だから、家族がここにいることは素晴らしいと感じているよ。」

「あとは、他の人たち次第、彼らも決断を下さなければならない。その後にやっとこれからも一緒にいられるかどうかわかるだろう。」


FIFAフットボールアワードで輝いたチェルシー

トーマス・トゥヘルがFIFA男子最優秀監督に、エマ・ヘイズがFIFA女子最優秀監督に選ばれた。

トゥヘルは、チャンピオンズリーグとスーパーカップを制し、ロベルト・マンチーニとペップ・グアルディオラとの競争に打ち勝った。彼のチームマネジメント能力と戦術的センスは、昨年1月の着任後、チームを一変させ、まさにブルーズを欧州のトップクラブとして再確立させた。

一方のヘイズはチェルシー女子監督としての素晴らしい記録をさらに更新し、女子スーパーリーグ、FAカップ、コンチネンタルカップと、2021年に開催されたすべての国内トロフィーを獲得してチームをさらなる高みへと導き、クラブ史上初めて女子チャンピオンズリーグ決勝に進出した。そしてWSLでは32試合連続無敗という記録的な快挙を成し遂げている。

さらにチューリッヒで開催されたThe Best FIFA Football Awardsでは、チェルシーから男女合わせて4人の選手が表彰された。

ジョルジーニョとエンゴロ・カンテは、2021年を通してチェルシーで優秀な成績を収め、男子のベストイレブンに選ばれた。一方、女子チームではマグダレーナ・エリクソンとミリー・ブライトが選出された。

チェルシーからその他