ブルーズ監督就任から1年:トーマス・トゥヘル監督のチェルシーでのスタッツ

トーマス・トゥヘルがチェルシーの監督に就任して今日でちょうど1年。この1年間がチェルシーにとっていかに素晴らしいものだったかを示す主な統計データを紹介しよう。

トゥヘルが2021年1月26日に着任した当時、ブルーズはプレミアリーグでトップ4から勝ち点5差の9位につけていた。チャンピオンズリーグのラウンド16、アトレティコ・マドリードとの対戦でも下馬評は低かったが、新監督は素早くディフェンスの再構築に取り組み、これがその後の成功(2つの欧州タイトル獲得を含む)の土台となった。

また、チェルシー史上初めてチャンピオンズリーグ、FAカップ、リーグカップの決勝に進出した監督として、チェルシーの歴史にその名を刻むことになった。ここでは、トーマス・トゥヘル監督のこの1年間の記録と、彼のチームで特に輝いた選手たちついて詳しく紹介していこう。

トゥヘルはプレミアリーグの月間最優秀監督に2度(2021年3月、10月)選出された。

トゥヘルの就任以来、リーグ戦1試合平均0.72失点(43試合で31失点)という数字は、他のどのプレミアリーグ勢よりも少ない記録となっている。

リーグ戦43試合で21回のクリーンシートを達成。

この一年間での敗戦数はプレミア最少。

トゥヘルは36人の異なる選手を起用、そのうち14人はアカデミー出身だった。


オウンゴールを除き得点者は22人となった。


クリーンシート達成率は53.7パーセント(67試合中36試合)。

トーマス、監督就任一周年おめでとうございます!

チェルシーからその他