マッチレポート:リーズ 0 チェルシー 3

メイソン・マウントの素晴らしい先制点から始まり、10人のリーズを圧倒するパフォーマンスを見せたチェルシーがエランド・ロードで久々に勝利を収めた。

この勝利により、明日のトッテナムとアーセナルの対戦を前に、チャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく前進した。そして4試合ぶりのリーグ戦での勝利は、リーズの本拠地では2000年4月以来で史上6回目となる大差での勝利であった。

4分、チェルシーの巧みな動きからマウントが先制弾を決め、それからは終始チェルシーが相手を圧倒した。さらに、マテオ・コヴァチッチに対する危険なタックルでダニエル・ジェイムズが退場となった。コヴァチッチはプレーを続けることができず、ブルーズにとってこの試合唯一のネガティブなニュースとなった。

後半開始早々、クリスチャン・プリシッチがボックス手前からゴール下隅にシュートを決める前に、ロメル・ルカクには2度ほどリードを広げるチャンスがあった。

ルカクは試合終盤にそのパフォーマンスに見合ったゴールを決めた。ハキム・ツィエクのパスを受けたルカクは、ホワイツのディフェンス陣の間を縫って、至近距離からボールをゴールに押し込んだ。

トーマス・トゥヘル監督は、1時間以上にわたって数的有利な状態で試合を支配し、土曜日のリヴァプールとの対決を前に体力を温存することができただろう。リヴァプールとの土曜日の対決を前に、体力を温存しておきたいところだ。ヨークシャーでの良い結果を受け、ブルーズは自信満々で決勝戦に臨むことだろう。

スタメン

FAカップ決勝まで72時間を切った今、トゥヘル監督はウルブス戦で先発したメンバーから4人を変更し、ジョルジーニョが怪我から復帰し、キャプテンを務めた。

ルベン・ロフタス=チークは、予定より早く出番が回ってきた。ディフェンスでは、セサル・アスピリクエタとチアゴ・シウバに代わってトレヴォ・チャロバーとアンドレアス・クリステンセンが入り、ティモ・ヴェルナーに代わってマウントが攻撃陣に加わった。

土曜日に2得点を決めたルカクは、そのままポジションをキープし、トニ・リュディガーはチェルシーでの200試合目に出場した。

リーズでは、元チェルシーアカデミーのMFルイス・ベイトがプレミアリーグの試合に初出場した。また、フルバックは、出場停止のジュニオル・フィルポとルーク・アイリングに代わり、パスカル・ストライクと復帰したリアム・クーパーが先発した。

チェルシーが最初に取り組んだのは、エランド・ロードの熱狂的な観衆を黙らせることだった。そして、それを実現するまでに長くはかからなかった。

スタートダッシュ

4分後、シンプルだが効果的な動きでリードを奪った。センターライン近くにいたルカクからボールを受けたマウントがリース・ジェイムズにボールを預ける。エリアに近づいたジェイムズから帰ってきたボールをマウントがボックス手前からカーブをかけてゴール隅にシュートを決めた。チャンピオンシップ時代にダービーの選手としてこの地でプレーオフを制したマウントは、その喜びをかみしめた。

すぐに追加点を狙うマウントは、ジョルジーニョからパスを受け、ルカクに繋ごうとするが、これは若干長くなってしまう。さらに、プリシッチが左サイドから執拗に攻め込み、マウントが低い弾道のシュートを放つが、相手GKにブロックされる。

リーズは前半終了間際にディエゴ・ヨレンテのシュートが枠を外れただけで、特に何の成果もなかった。おそらく、ダニエル・ジェイムズのマテオ・コヴァチッチに対するファウルもフラストレーションから生まれたものだろうが、彼の行為は言い訳できないものだった。アンソニー ・ テイラー主審はすぐに彼のレッドカードを振りかざした。何度も流れるリプレーは、見る者により悪い印象を与えた。

コヴァチッチは一時的にピッチに復帰したが、長く続かず、30分過ぎにロフタス=チークと交代した。

その直後、ルカクが2度、アドバンテージを倍増させようとリーズのゴールに迫った。ヨレンテを振り切った後、イラン・メリエにロブを放つも、オフサイドとなり、さらにジェイムズのクロスにヘディングを合わせたが、わずかに枠を外れた。

リーズは、プレミアリーグの歴史の中で最も多くのイエローカードを受けている。カルヴィン・フィリップスが反対方向に抜き去ったプリシッチを倒し、さらに警告をもらう。

チェルシーがリーズの10人に対してポゼッションを支配することは明らかだったが、彼らは日曜日のアーセナルで早い段階でレッドカードをもらったが、その後粘りを見せ再び失点しなかった。ブルーズが追加点を挙げ勝負を決めるには、まだ多くの努力が必要だった。

疑問の余地なし

後半序盤、ルカクはヘディングで、ロフタス=チークはハーフボレーでゴールを狙うが、両方とも枠を大きく外れる。そして後半54分、チームの巧みな動きからようやくチェルシーがリードを2倍に広げる。

ジョルジーニョがボックス手前でマウントの足元にボールを送ると、プリシッチが左足でゴールネットを揺らす。メリエは動けず、アメリカ人は今シーズン8点目、リーグ戦では6点目を挙げた。マウントは、11ゴールに加え、リーグ戦10アシスト目を記録し、チェルシーの選手としては、プレミアリーグ史上5人目の2桁達成者となった。

その後、ロドリゴを振り切ったジョルジーニョからパスを受けたプリシッチのシュートは大きくカーブし枠外へ。この日は、ジョン・チャールズ・スタンドの一角に集まったチェルシーファンが、夜のひとときを存分に楽しんでいた。ルカクはクーパーを抜いてエリア内に入っていったが、シュートはメリエの左ポストをかすめるように外れた。

この後、ハキム・ツィエクとアスピリクエタがプリシッチとジェイムズに代わって出場した。トゥヘル監督はおそらくカップ戦決勝に向けたプレー時間の管理を意識しているのだろう。

ロムのダメ押し点

そのツィエクがすぐに3点目をアシストする。マウントがボールを奪い、モロッコ人選手がルカクにボールを渡すと、ルカクは狭い場所で何度もタッチし、メリエを破るシュートをゴール上に放った。残り時間は7分だった。

リーズが前のめりになったため、さらに4点目を決めるチャンスもあったが、試合は3ゴールとクリーンシートという素晴らしい結果でこのまま終了した。

今後の予定

土曜日の午後4時45分にFAカップ決勝戦でウェンブリーにてリヴァプールと対戦する。リーグ戦は来週、木曜日にレスター、日曜日にワトフォードとのホーム戦が待っている。

チェルシー (3-4-3):メンディ;チャロバー、クリステンセン、リュディガー;ジェイムズ(アスピリクエタ)、ジョルジーニョ(C)、コヴァチッチ(ロフタス=チーク30)、アロンソ;マウント、ルカク、プリシッチ(ツィエク78)
サブ:ケパ、サール、チアゴ・シウバ、バークリー、ハフェルツ、ヴェルナー
得点者:マウント4、プリシッチ55、ルカク83

リーズ(4-2-3-1):メリエ、コッホ、ヨレンテ、クーパー(C)、ストライク;ベイト(クリヒ59)、フィリップス;ラフィーニャ(ゲルハルト78)、ジェイムズ、ハリソン(フィルポ37);ロドリゴ
サブ:クラーソン、イェルデ、クレスウェル、グリーンウッド、シャクルトン、グレイ
退場:ジェイムズ24
警告:フィリップス43

主審:アンソニー・テイラー
観客: 36,549

チェルシーからその他