Pre-Match Briefin:FAカップ決勝戦

男子・女子チームの両方がロイヤルボックスに上がり、FAカップを掲げるチャンスがある。このウェンブリーでの2つの決勝戦を前に、チェルシーのクラブ史に精通するリック・グランヴィルとデータ収集家ポール・ダットンが主なポイントを紹介する。

チェルシーとサポーターがこれから経験するFAカップの週末は、史上初めてウェンブリーで男女のチームが連日決勝戦を行うという、これ以上ないものである。

土曜日には、トーマス・トゥヘル率いる男子チームがリヴァプールに挑み、日曜日にはエマ・ヘイズ率いるWSLチャンピオンがマンチェスター・シティと対決する。両試合とも、今シーズンのリーグカップ決勝の再現であり、ブルーズはそのたびに敗れているため、リベンジの香りが二重に漂っていることだろう。

男子チームは、この20年間どのクラブも成し遂げていない3回連続の決勝進出であり、2シーズン連続でプレミアリーグのシーズン終了前にこの伝統ある大会の最後の試合が開催されることになった。木曜日にスタンフォードブリッジを訪れるレスターは、昨シーズンの決勝戦でトーマス・トゥヘル率いるチームを破っている。チェルシーは今回が3度目の正直となることを確信している。

土曜日の午後4時45分キックオフというのも異例で、これはBBCの夕方の放送スケジュールに合わせたものだろう。

この対戦が今季4試合目となる両チーム。2月のカラバオカップ決勝ではレッズがPK戦を制したものの、それ以外の試合はすべて引き分けに終わっている。2012年のFAカップ決勝では、ラミレスとディディエ・ドログバのゴールでチェルシーが主導権を握り、アンディ・キャロルが1点を返したが、ペトル・チェフの奇跡的なセーブで同点弾を防いだ。

FAカップ|チェルシーvsリヴァプール 2012

2012年、ウェンブリー・スタジアムで行われたFAカップ決勝でのチェルシーとリヴァプールの対戦を振り返ってみよう。

チェルシーは今シーズン、すでにスーパーカップとクラブワールドカップを獲得しており、3つ目のトロフィーを狙う。ユルゲン・クロップ監督のチームは2週間後、カラバオカップの成功に加え、ヨーロッパの王冠を引き継ぐかもしれない。昨夜のノースロンドンダービーはトッテナムに軍配が上がったが、リーグ戦であと1勝すれば3位が確定し、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場が決定する。得失点差を考えると、1ポイントだけでも4位には十分だろう。

現世界王者は、今年で150周年を迎えるこの名誉ある大会と107年にわたり親交があり、1914/15シーズンには既にロンドンから初めて決勝に進出したチームとなっていた。

各クラブのFAカップ決勝進出数
アーセナル221926/27(初回)
マンU191908/09
チェルシー161914/15
リヴァプール151913/14
ニューカッスル131904/05
エヴァートン131892/93

チェルシーはリヴァプールよりも1回多い8度FAカップを制している

photo of 主なデータ 主なデータ

チェルシーのニュース

「あのようなパフォーマンスが必要だった」と、エランド・ロードでの圧勝の後、トーマス・トゥヘル監督は安堵の表情を浮かべた。試合終了直前に追いつかれ引き分けに終わったウルブス戦後の混乱した空気が一掃され、チェルシーはマドリードでの勝利以来、最も集中し、目的意識を持ったプレーを見せ、巧みで鋭いチームとしての動きが特徴的だった。

水曜日の試合ということで、レッズよりも準備期間が24時間短くなったが、選手たちはカップ戦の決勝戦に臨むにふさわしい心構えを示してくれた。コブハムで子どもから勇敢な戦士にまで成長した選手もいる。しかし、国内での決勝戦では、まだ証明すべきことがあり、今がその時かもしれない...。

ロメル・ルカクは、エランド・ロードでメイソン・マウントやクリスチャン・プリシッチとうまく連携し、相手センターバックを圧倒し、2試合で3ゴールを決めている。この試合では、サウサンプトン戦の6-0以来、初めて前線の3人が揃ってゴールネットを揺らした。

マウントの今期これまでの全ゴール・アシスト!

メイソン・マウントがチェルシー史上5人目のプレミアリーグで1シーズン10ゴール・アシスト以上を記録した選手になった。ここで今季マウントが記録した全てのゴール・アシストを振り返ってみよう!

カラバオカップ決勝では、イブラヒマ・コナテを振り切り、ゴールを決めたが、VARによりオフサイドと判定された。ルカクはこの大会で3得点とチーム得点王で、マウントとティモ・ヴェルナーは3アシストを記録している。

カラバオカップ決勝では、セットプレーから8回シュートを放ったブルーズだが、2回を除いてはすべてキーパーにセーブされる前にディフェンスにブロックされている。

リーズ戦では守備陣が協調的なディシプリンと互いに気を配り合う姿勢を見せ、特にトレヴォ・チャロバーとリース・ジェイムズの右サイドのコンビはダイナミックなプレーを見せた。実際、完璧な夜だったが、ダン・ジェイムズのタックルは、1970年の決勝戦のように一発退場となった。

コバを倒し一発レッドとなったダン・ジェイムズ

その結果、今季既にさまざまな不運に見舞われているマテオ・コヴァチッチが負傷退場した。そのため、今夜の試合ではエンゴロ・カンテの復帰が待たれる。

決勝までの軌跡
チェルシーリヴァプール
ラウンド3チェスターフィールド(H) 5-1シュースベリ(H) 4-1
ラウンド 4プリマス(H) 2-1カーディフ(H) 3-1
ラウンド 5ルートン(A) 3-2ノリッチ(H) 2-1
ラウンド 6ミドルスブラ(A) 2-0ノッティンガム・フォレスト(A) 1-0
準決勝クリスタルパレス(N) 2-0マンC(N) 3-2

女子FAカップの注目ポイント

報道に反して、ユルゲン・クロップは「同じシーズンにチャンピオンズリーグ、リーグカップ、FAカップに到達した史上初の監督」ではない。昨シーズンのエマ・ヘイズがそうで、彼女はリーグ優勝と同時に、これら3つのカップを手に入れたのだ。

チェルシー・ウィメンのスターたちは先週末、女子スーパーリーグを再び制覇した。ブルーズのWSL3連覇は、1973/74と1974/75にチェルシー・レディースのパイオニアが初めて達成したリーグ・カップのダブルを日曜日に達成できる可能性があることを意味している。

ブルーズがWSL3連覇! | 最終節のドラマ! | Unseen Extra

WSL 2021/22シーズン最終節は信じられない1日となった!この日に起きた全てのドラマを振り返ってみよう!

ウェンブリーでチェルシーの行手を阻むのは、3月のコンチネンタルカップ決勝でエマ・ヘイズのチームを破った最後のチーム、マンチェスター・シティだ。

決勝までの道のり
チェルシーリヴァプール
ラウンド 4アストンヴィラ(A) 3-1ノッティンガム・フォレスト(A) 8-0
ラウンド 5レスター(H) 7-0マンU(A) 4-1
ラウンド 6バーミンガム(H) 5-0エヴァートン(H) 4-0
準決勝アーセナル(A) 2-0ウェストハム(A) 4-1

両チームとも好調のままこの決勝に臨む。チェルシーは1週間前に行われたマンチェスターのもう一つのクラブ、ユナイテッドとの対戦を含め、11連勝中だ。一方、ガレス・テイラー監督率いるシティは13連勝を飾り、3位と来期のチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。

今シーズン、王者はホーム&アウェーでシティを圧倒し、合計5-0で勝利している。また、ブルーズには新たにFWA年間最優秀選手賞に選ばれたサム・カーがいる。このオーストラリアのスター選手は、現在、リーグ・カップ戦合わせて2シーズン連続20ゴール以上を記録しており(異例の快挙)、WSLキャンペーンでゴールデンブーツ獲得となった20ゴールという数字は、シティのクラブ得点王ローレン・ヘンプ(FWA投票では3位)の2倍に相当する。

アーセナルを破ってウェンブリーに進出したブルーズは、昨シーズンの50周年記念FAカップ大会では、12月に延期された決勝戦で同チームを3-0で破って優勝している。その結果、ヘイズのチームは半年で2度、同じトロフィーを掲げるという栄誉を手にすることになった。

昨シーズンのFAカップ決勝でサム・カーが決めたスーパーゴール

監督は自分のチームを「メンタリティーの怪物」と呼んでいるが、日曜日のマンU戦では、後半に投入されたチ・ソヨンがボールを支配し、今シーズンの選手の一人であるグロ・ライテンを出場させるまでは、相手をなかなか攻略できなかった。この決勝戦は、去りゆく韓国人選手、ドリュー・スペンスとヨナ・アンデションにとって完璧な最期になるかもしれないし、リースとローレン・ジェイムズは、男女カップを制した最初の兄妹になるかもしれない。

シティは、FAカップ準決勝のウェストハムを含む23試合中21試合に勝利し、リーグ戦のつまずきを克服した。テイラーは今、前線に準決勝で得点を決めたエレン・ホワイトを据えるか、それともテイラーのアプローチに適していると思われるレギュラーのカディジャ・'バニー'・ショウを起用するか決めなければならない。両者とも先週末のレディング戦でネットを揺らしている。

ミリー・ブライトと競り合うシティのエレン・ホワイト

この見事なまでに整えられた決勝戦は、いくつかの魅力的なマッチアップの見通しを立てている。センターバックでスキッパーのステフ・ホートンが負傷している中、シティのアラーナ・ケネディは、マチルダス(オーストラリア代表)のチームメイトのカーにどう対応するのだろうか。同様に、右サイドバックにエリン・カスバートを起用し、WSLで優勝したときのようにヘンプを無効化するのか?このスコットランド人選手は、マンUが3-1で勝利したコンティカップ決勝では、負傷のため欠場した。


各クラブの女子FAカップ決勝進出数

アーセナル 17回
ドンカスター 13
サウサンプトン 10
クロイドン/チャールトン 7
リーソウ・パシフィック/エヴァートン 6
チェルシー 5
セイント・ヘレン 4
フラム 3
ノウズリー/リヴァプール 3
マンC 3
QPR 3
フラム 3
 

ファビーNO?

男子サッカーに話を戻すと、ユルゲン・クロップ監督は3つの大会で最後まで争っているが、カラバオカップ決勝で先発の中盤メンバーの中で唯一途中交代のなかったファビーニョの喪失という痛手を負った。

彼は危険を察知し、カウンターアタックを仕掛けるスマートなMFであり、パス成功率は92.6%と正確性も非常に高い。一方、より先発に近いナビー・ケイタは79.4%、ジョーダン・ヘンダーソンは69.7%だった。

ブラジル人の不在は、チアゴ・アルカンタラとフィルジル・ファン・ダイクにプレッシャーを与えるかもしれない。オランダのセンターバックは、チームメイトよりも何倍もリカバリー能力に長けている。

ファン・ダイクとルカクはこの試合注目のマッチアップとなるか?

その他、リヴァプールは特に前線と後方で世代交代が行われている。攻撃では、ロベルト・フィルミーノよりも1月に加入したルイス・ディアスがサイドから切り込み、ファン・ダイクよりもイブラヒマ・コナテがボールを持ってディフェンスから積極的に前に出てくる。

レッズはこれまで同様非常に高いディフェンスラインを敷いており、チェルシーの選手は過去3回の対戦で12回オフサイドに陥り、中でもカイ・ハフェルツとロメル・ルカクは最も多くオフサイドに陥っている。

フィルミーノは今回の試合に間に合う見込みだが、サディオ・マネが引き続きセンターフォワードの役割を担い、モ・サラーが右サイド、そしてディアスが左サイドで出場することになりそうだ。このセネガル人選手は、カラバオカップ決勝で、彼の国際的なチームメイトであるエドゥ・メンディのセンセーショナルなダブルセーブに阻まれたのを忘れていないだろう。

FAカップの規定

今大会これまで同様、双方とも試合中に最大5回の交代が可能で、90分で同点となり延長戦に突入した場合は6回目の交代が可能となる。VARシステムが採用される。

30分の延長戦でも決着がつかない場合は、PK戦となる。2月に行われたカラバオカップ決勝でもPK戦が行われ、延長戦の最後に投入されたGKケパ・アリサバラガが放ったシュートが枠を外れ、レッズが11-10で勝利している。


ファイナル・カウントダウン

セサル・アスピリクエタは、この週末に出場すれば、クラブワールドカップを含む13のメジャーカップ決勝に出場する史上初のチェルシー選手となる。ペトル・チェフとフランク・ランパードは、過去36回の決勝戦のうち12回に出場し、ディディエ・ドログバとジョン・テリーは10回に出場している。

主要カップ決勝戦での得点

ディディエ・ドログバ 9
ピーター・オスグッド 4
ロベルト・ディ・マッテオ 3
エデン・アザール 3
ジエゴ・コスタ 2
カイ・ハフェルツ 2
フランク・ランパード 2
ボビー・タンブリング 2
ジョン・デンプシー 1
オリヴィエ・ジルー 1
ピーター・ハウスマン 1
イアン・ハッチンソン 1
ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ 1
マテヤ・ケジュマン 1
ロメル・ルカク 1
エディ・マクレディ 1
エディ・ニュートン 1
ペドロ 1
クリスチャン・プリシッチ 1
ラミレス 1
フランク・シンクレア 1
ジョン・テリー 1
フェルナンド・トーレス 1
テリー・ベナブルズ 1
デビッド・ウェブ 1
ジャンフランコ・ゾラ 1
スティーブン・ジェラード (o.g.) 1
合計 46

スタンフォードブリッジ・ノース

チェルシーはリヴァプールよりも3回多く新ウェンブリースタジアムを訪れているが、両クラブとも中立地としての国立競技場での試合は41回目となる。ブルーズは過去40回の対戦のうち22回勝利しており、10回以上この地でプレーしているチームの中ではノッティンガム・フォレスト(11回中7回)に次いで2番目に高い勝率を誇っている。

新ウェンブリーでのカップ戦消化数

チェルシー 27
マンチェスター・シティ 20
マンチェスター・ユナイテッド 18
アーセナル 15
リヴァプール 9
トッテナム 8
アストンヴィラ7
ポーツマス 7
 

記録更新を狙うトゥヘル

FIFAクラブワールドカップ優勝は、トーマス・トゥヘルの下で229日間に3度目のトロフィー獲得であり、1998年のジャンルカ・ヴィアッリの153日に次いで、ブルーズの監督として2番目に早い優勝劇だった。レッズに勝てば、最初の優勝からわずか350日間で4つ目のタイトルを獲得することを意味する。

トーマスのチェルシー・トロフィー・コレクションの始まり

黄色をまとったレジェンドたち

1996/97シーズンを前に、チェルシーが自身の代表チームであるルーマニアと同じ黄色のストライプに戻したことについてどう思うか尋ねられたとき、ダン・ペトレスクは当然のように「我々は黄色の伝説になるだろう」と予言した。翌年の春、彼はそのキットを何度も着てFAカップ決勝に進み、27年ぶりにトロフィーを掲げたチームの一員であった。

Super Dan...in 1997 yellow

ウェンブリーではロンドンのチームでありながら、チェルシーは今シーズン12回目のイエローキットを着用することになった。これまで、このユニフォームで8勝1分け(ブライトン戦)、2敗(ウェストハム戦、エヴァートン戦)となっている。


蒼い日々

ユーロビジョンはともかく、チェルシーファンはここ数日、二重の視界(ビジョン)を楽しむことができる。過去に同じクラブの男女チームが1シーズンでFAカップ決勝に進出したことはあるが(ブルーズも2度)、ウェンブリーで週末2日間のパーティを行ったことはない。奇しくも、両チームはリーグカップの決勝にも進出し、同じ相手と対戦している。

女子の大会が国立競技場でクライマックスを迎えたのは2014/15シーズン(ブルーズが初優勝した年)からだが、2017/18と2018/19を含め、2つの決勝戦は2週間違いで行われたのである。最初にこの偉業を達成したクラブは、元ブルーのピーター・オスグッドがセンターフォワードを務めたサウサンプトンである。

男子・女子の両チームがFAカップに進出したクラブ
2021/22チェルシー
2018/19マンチェスター・シティ
2017/18チェルシー
2013/14アーセナル
2011/12チェルシー
2000/01アーセナル
1997/98アーセナル
1992/93アーセナル
1975/76サウサンプトン

消化試合数

カップ戦の決勝は、チェルシーにとっては61試合目、リヴァプールにとっては60試合目である。両者ともシーズン終了までに63試合に出場したことになるが、これはチェルシーが2012/13シーズンに達成した69試合(全クラブ最多記録)に遠く及ばない。ペトル・チェフは5655分、ブラニスラフ・イヴァノヴィッチは4991分プレーしたが、ヨーロッパリーグ決勝のベンフィカ戦で決勝点を挙げるだけの力を残していた。

チェルシーからその他