チェルシー年間ベストゴールの投票は続く- カー V リュディガー

まだまだ続く年間ベストゴール投票の準々決勝。3戦目となる今日のカードでも2つの素晴らしいゴールが登場する。

ブルーズファンの投票によって決定するシーズンベストゴールは、ノックアウト方式で行わる。ノミネートされた8つのゴールは、今週、準々決勝で直接対決することになる。昨日はカスバートのマンC戦でのゴールが勝利し、準決勝でマテオ・コヴァチッチのリヴァプール戦でのボレーシュートと対戦することになった。次にベスト4に進出するのは誰になるのだろう?

今日のゴールは両方とも長距離から放たれたもので、マンチェスター・ユナイテッド戦でのサム・カーの豪快なゴールと、ブレントフォードでのトニ・リュディガーの雷のようなゴールのどちらかを選ぶことになる

カーのゴールは、チェルシー・ウィメンがリーグ戦最終節でマンUに4-2で勝利し、女子スーパーリーグのタイトルを再び獲得した時の記念すべき一撃となった。この試合では、オーストラリア出身のストライカーが、厄介なボールを胸でうまくコントロールし、相手GKを驚かすループシュートを決め、周囲を驚かせた。

一方、リュディガーのシュートはパワーと正確さが特徴だった。このドイツ出身のディフェンダーは、たびたびこのようなゴールを狙っていたが、ブレントフォード戦でついに遠距離からの一撃でネットを揺らした。35ヤードの距離でボールを拾ったリュディガーが放ったシュートは、ニアポストの内側をかすめるように枠内を通り抜けていった。

この2つのゴールのうち、あなたのお気に入りはどちらですか?動画で両方見てから、次のラウンドに進出する選手を決めるために、下にある投票に参加してください。明日の準々決勝最後の対戦もお楽しみに!

投票は、金曜日の夜11時59分(英国時間)に締め切られます。

チェルシーからその他