今週末、ウェンブリーでコナー・ギャラガーの出場機会はないかもしれないが、トーマス・トゥヘルは、クリスタル・パレスにレンタル移籍中のコナーが来シーズン、チェルシーのメンバーに復帰する可能性は高いと考えている。

22歳のギャラガーは、両チーム間のレンタル契約の条件により、日曜日に行われるFAカップ準決勝でレンタル元クラブとの対戦に出場することができない。トゥヘルは試合前の記者会見で、最近レストランで彼にばったり会ったとき、不運な状況について直接謝罪したことを認めている。

イーグルスは今シーズン最も影響力のある選手の一人を欠くことになり、ギャラガーはこのチャンスを逃したことを不満に感じている。トゥヘルは、彼に対するプランについて、ポジティブなニュースを提供した。

プレシーズン中にギャラガーの姿勢と応用力に感銘を受けたドイツ人監督は、セルハーストパークで8ゴール5アシスト、そして国際デビューを果たした彼の素晴らしいシーズンを喜びと共にチェックしているようだ。

このような好調を受け、チェルシーアカデミー出身の選手の将来について様々な憶測が飛び交っているが、トゥヘルはそのような話は夏まで待つと主張している。しかし、明らかにこの若者をチームに受け入れる計画を立てているようだ。

「コナーは我々のチームの一員になれるし、我々と一緒に役割を果たせると信じているが、私だけが決めることではない。」とチェルシーの監督は語った。

「シーズンが終わってからみんなと話す必要があるし、コナーが何を望んでいるのか確認する必要がある。状況がどうなっているのか、彼にどんな役割があるのか、彼は何のために戦うのか、戦うためには目的が必要だからね。」

「自分がどこにいて、どこまでいけるのか、何を達成するのか、役割と展望を持つ必要がある。我々は彼に対してはっきり示さなければならないし、彼もそれらを明確にする必要がある、その上で問題があれば解決していく。」

チェルシーでの役割を明確にするのはまだ早いかもしれないが、トゥヘルは、ギャラガーがここまでの素晴らしい活躍を継続し、スタンフォードブリッジで影響力のある選手になれると確信している。

「彼の成長は並外れたものであり、傑出している」と監督は付け加えた。「彼はクリスタル・パレスの重要な選手の一人であり、実戦で大きな成長を遂げた。」

「プレシーズンの姿勢も良かった。彼はとてもポジティブなエネルギー、仕事ぶりを発揮してくれるので、もちろん大きな助けになるし、チームに良い影響を与えることができる。」