先週、コブハムでトッド・ボーリーと初めて会ったトーマス・トゥヘルは、短い話し合いの内容を明かし、これからもクラブが成功への強い野心を持ち続けることを確信したと述べた。

ボーリーはFAカップ決勝の週末を前に、サリー州のトレーニング施設で時間を過ごしたが、その週末は男女両方のチームがウェンブリーで連日で決勝に臨んだ。

新オーナーとなったアメリカ人は、チェルシー女子のヘッドコーチであるエマ・ヘイズやユース育成部長のニール・バースと会い、トゥヘルも昼食の機会を持った。

「一緒にランチを食べたけど、選手やスタッフなどみんなと一緒の部屋だったんだ」と説明するトゥヘル。「30分か40分、ランチを食べながら、とてもカジュアルなミーティングをしたんだ。」

「詳細には踏み込まなかった。そういった場ではなく、挨拶程度だった。野球についての話が多くなったけど、時期が来れば、これからもっと詳しく意見を交わすことになるだろう。」

「彼はある程度のお金を払ったので、それ相応の志があると思う。そうでなければ驚くよ。彼は最高レベルの競争力を持つチェルシーを作りたいという野心を持っていることは間違いない。」

この短いミーティングの後、トゥヘル監督のチームはウェンブリーで行われたFAカップ決勝でリヴァプールにPK戦の末、惜しくも6-5で敗れた。

しかし、ドイツ人は、ボーリーが見守る中、勝利できなかったことは気にしていないと主張した。

「チームは自分たちがしていることで感動を与えようとしているし、それを全力で、情熱を持ってやっている。今、世界最高のチームの1つであるリヴァプールに対して、チェルシーは限界までプレーしたし、5回連続で拮抗した試合をやったんだ。」

「サイドラインで両チームの決勝戦にふさわしい献身的で質の高いプレーに感心していたが、自分自身は誰かに好印象を与えようとは思っていなかった。」

「自分たちの満足するプレーがしたかったし、自分たちがやってきた状況を考えれば当然だと思うものを手に入れたかった。勝つ準備はできていたけど、残念ながらそうならなかった。」