2011年夏にアンデルレヒトから移籍し、チェルシーファンの10代の若者として、プレミアリーグでの活躍を望んでいたロメル・ルカクはイングランドでの厳しい生活を目の当たりにした。

デビューイヤーは最終節までプレミアリーグの舞台でプレーするチャンスは回って来ず、リーグ戦でのプレー時間はわずか140分。リーグ戦では苦戦を強いられたが、最終的にはロベルト・ディ・マッテオのもとでFAカップとチャンピオンズリーグの両方で栄冠を勝ち取った。序盤はアンドレ・ビラス=ボアスが指揮を執ったシーズンだった。

その年の夏、まだ10代だったルカクはウェストブロムにレンタル移籍し、プレミアリーグでの経験を積むこととなった。しかし、ジョン・テリー、フランク・ランパード、ペトル・チェフ、アシュリー・コール、そして憧れのディディエ・ドログバなどと一緒に過ごしたコブハムでの12ヶ月間で、ルカクはすでに多くのことを学んでいた。

試合に出られなかったことは辛かっただろうが、10年以上シニアゲームに参加してきた経験を踏まえてこの時期を振り返ると、現在のプロ生活を形成する上で重要な意味を持っていた。

「辛かったけど、多くを学んだ、今の自分になるために必要なメンタルや考え方を教えてくれたから、役に立ったと言える。」と彼は言う。

「チームはとても良かったが、トレーニングの後の居残り練習を誰も見ていなかったんだ。18歳だった私は、選手たちがどれだけ努力しているかを毎日目の当たりにしていた。」

「その時、トッププレーヤーになるためには、そういうことをしなければならないと気付いた。プレーしていないときは、これをするんだと自分に言い聞かせ、基本的にそれが今のライフスタイルになっている。」

ルカクのキャリアは、ミッドランズからマージーサイドへと移り、最終的には完全移籍となり、その後、マンチェスター、ミラノに移った。しかし、マン・ユナイテッドやインテルで活躍しながらも、チェルシーのサポーターとしての情熱は決して揺らぐことはなく、やがてSW6に戻ってくるという願望と信念を持ち続けていた。

「選手として成長することはわかっていたので、タイミングだけだったんだ」とスタンフォードブリッジへの復帰について説明する。「2016年と2017年の2回、復帰のチャンスがあったが、様々な理由で実現しなかった。」

「今が適切な時期であり、適切な年齢であり、チームがうまくいっていて、成功するためのすべてが揃っているから起こったことなんだ」

彼は、南西ロンドンに馴染み、既にトーマス・トゥヘルのチームを率いている。ゴールが彼の活力源であるならば、2021/22年にクラブと国のためにここまで12試合に出場して8つのゴールを記録したことは、彼をさらに突き動かすだろう。

しかし、ルカクは、自分の状況に満足し、落ち着いている。特にロイヤルブルーのユニフォームを着てトロフィーを獲得するなど、達成したいことはまだたくさんあるが、人が間違っていることを証明しようとする必死さなどはなく、そのことが彼の肩の荷を下ろしている。

「私はずっと落ち着いている」と彼は付け加える。「父親になったことで成長し、よりゆったりとした気持ちになった。イタリアで優勝して、そのために何が必要かを知ったことは、私にとって大きな助けとなった。この3年間で、今後のキャリアにつながるものを築くことができた。」

「複雑なこともあるが、本当に何かをしようと心に決めて、その目標のために自分のすべてを捧げれば、それを達成することができる。私は自分の小さな資質や才能を認識していましたが、同時に自分の苦手なことも知っていたので、完璧を求め、苦手な部分に多くの時間を費やして取り組んできた。」

「今は、いい気分だ。このチャンスにとても満足しているし、チームとしてとても良いスタートを切ることができた。チームメイトのおかげで生活がしやすくなったし、監督も素晴らしい仕事をしてくれている。私たちのパフォーマンスは悪くないものだったが、常に次のチャレンジを求めているんだ。」

週末にクラブの試合が再開される。ルカクとブルーズは次の試合としてブレントフォードとのアウェイ戦に臨みます。