シーズン前のブリーフィング第2部では、クラブ史に精通するリック・グランヴィルとデータ収集家ポール・ダットンが、今シーズンにブルーズが参加する大会とVARなどのニュースについて見ていく。

プレミアリーグ

昇格組の中でもブレントフォード、ノリッチ、ワトフォードは、おなじみのクラブだ。ワトフォードとともに2019/20シーズンに降格したノリッチには、中盤の神童ビリー・ギルモアが今季いっぱいレンタルされている。トーマス・フランク監督率いるブレントフォードは、2017/18にブライトンとハダースフィールドが昇格して以来のプレミアリーグ初参加となる。

この3チームは、ブリッジで長い間勝ちがなく、ワトフォードが当スタジアムでトップリーグ最後の勝利を収めたのは、10試合前の1986年5月5日のことだった。ノリッチは1993年10月16日以来勝っておらず、ブレントフォードは旧1部時代の1939年2月25日に一度勝っただけだ。

5シーズン連続でアーセナルよりも上位となったチェルシーは、1992/93シーズン以来の総獲得ポイント数でガナーズまであと8ポイントとなっている。

フルハムは降格したが、地元のライバルチームとのリーグ戦はビーズ(ブレントフォード)と共に続いていく。ブレントフォードが過去にブリッジにトップリーグのビジターとして訪れたのは5回だけで、最後の試合は75年前の1946年11月にチェルシーが3-2で勝利している。

観客が戻ってくることで、トップリーグの試合が生中継される機会が減ることになる。Sky Sportsが128試合、BT Sportが52試合、Amazon Prime Videoが20試合で、合計380試合のうち200試合(52.6%)の放映権を持っている。

水曜日にチャンピオンズリーグに出場するクラブは、次の土曜日の午後12時30分の枠でプレーすることができなくなる。

チャンピオンズリーグ

チェルシーにとっては、22シーズンで18回目のチャンピオンズリーグとなるが、王者としては2回目で、第1シードの座を確保した。グループリーグの組み合わせ抽選会は、8月26日(木)午後5時からニヨンで行われる。

ロンドンでヨーロッパのエリートサッカーを観戦できるのは、今年もスタンフォードブリッジだけとなる。対戦相手には、第2グループのレアル・マドリード、バルセロナ、ユヴェントス、パリ・サン=ジェルマン、セビーリャ、ドルトムントに加え、ポルト、アヤックス、ライプツィヒ、アタランタ、ゼニト、ベシクタス、ディナモ・キエフ、ブルージュなど、第3・第4グループのまだ出場が決まっていないチームから2チームが選ばれる。

昨シーズンよりもヨーロッパでの試合の間には余裕があり、チェルシーはCLの試合後の週末の6試合のうち、5試合がホームで、1試合がアウェーとなる。

注:すべての試合日程はテレビ中継のために変更されることがあります。

UEFAでは、ノックアウト方式の試合で、アウェーチームのゴールが重要視されるというルールを、今回のキャンペーン開始時に廃止した。このルールは、1965年以来、同点の試合の勝敗を決めるのに役立ってきた。チェルシーは、過去にオーストリア・ウィーンとパリ・サン=ジェルマンとのホーム&アウェー戦で、このルールのおかげで次のラウンド進出を決めた。

その代わり、90分で引き分けた場合は、延長戦15分ずつの前後半を行い、必要に応じてペナルティキックを行うことになる。

今シーズンからシャツに袖のパッチが認められることになった。チェルシーのUEFAボールバッジには、これまでの大会での勝利を表す「2」の数字が入る。

全試合のライブ中継はBT Sportで行われる。

FAカップ

141回目を迎えたサッカー最古のクラブ大会のリプレイは、4回戦まで行われる。決勝戦は2022年5月21日(土)にウェンブリーで開催される予定。史上初の決勝戦であるワンダラーズとロイヤル・エンジニアの試合から150周年を記念した試合は2022年3月16日に開催される。

チェルシーのFAカップにおける近年の成績

2020/21 準優勝2019/20 準優勝2018/19 ラウンド52017/18 優勝2016/17 準優勝2015/16 準々決勝進出

今シーズンのFAカップは、BBC(18試合)とITV(20試合)で無料放送されます。

カラバオカップ

第62回リーグカップ、チェルシーは他のヨーロッパ大会出場クラブと共にラウンド3から参加する。昨シーズン同様、準決勝は1回勝負となり、決勝はウェンブリーでは2022年2月27日(日)に行われる。優勝チームは、来シーズンのヨーロッパ大会プレーオフラウンドへの出場権を獲得する。

3回戦の組み合わせ抽選は8月末に行われ、試合は9月22日(火)と23日(水)に行われる予定。

チェルシーのリーグカップでの近年の戦績

2020/21 ラウンド42019/20 ラウンド42018/19 準優勝2017/18 準決勝進出2016/17 ラウンド42015/16 ラウンド4

テレビの生中継はSky Sports、ハイライトはQuestで見ることができる。

UEFAスーパーカップとFIFAクラブワールドカップ

チャンピオンズリーグを制したことで、さらに2つのタイトル獲得の可能性がある。水曜日の午後8時(日本時間木曜午前4時)には、ベルファストのウィンザー・パークででウナイ・エメリ監督率いるビリャレアルとスーパーカップをかけて対戦する。ヨーロッパリーグで優勝したエメリがアーセナルに在籍していた2019年の同大会決勝で、ガナーズを4-1で破っている。

FIFAクラブワールドカップは12月に日本で開催されるが、具体的な日程はまだ決まっていない。準決勝の対戦相手は、Jリーグの優勝クラブをはじめ、アジア、CONCACAF、オセアニア、南米のチャンピオンズリーグ優勝チームなどが候補に挙がっている。

南アフリカ人のピツォ・モシマネが監督を務めるエジプトのアル・アハリは、すでにアフリカ連盟代表として出場権を獲得しているが、最終的に全出場チームがわかるのは11月になる予定だ。

両方とも優勝すれば、ブルーズは主要な国際大会での優勝回数でマンチェスター・ユナイテッドを上回ることになる。クラブワールドカップは、チェルシーがまだ優勝していない唯一の大会だ。

スーパーカップのライブ中継はBT Sportで行われ、クラブワールドカップの試合は、BBC iPlayer、BBC Sportのウェブサイトとモバイルアプリ、BBC Red Buttonで閲覧できる。

代表戦の日程

FIFAは以下の日程で国際試合を行うことを決定した:8月30日〜9月8日、10月4日〜12日、11月8日〜16日、3月21日〜29日

また、UEFAを除くすべての国際サッカー連盟は、2020年9月から延期された2022年1月24日から2月1日までの追加枠を設けている。

2022年アフリカネイションズカップは、5年ぶりにプレミアリーグのシーズン中に開催されることになり、1月9日から2月6日までカメルーンで開催される。ハキム・ツィエクやエドゥアール・メンディが決勝に進出した場合、彼らはチェルシーの全試合のうち4~5試合を欠場する可能性がある。

VAR、シーズン3

昨シーズンは賛否両論あったプレミアリーグのVARだが、3シーズン目では重要な変更と明確化が行われる。その内容の一部は、ユーロでの迅速かつ控えめなレビュー方法の大成功を受けてのものだ。

主に、試合の流れを重視し、サッカーという性質を考えて介入することを減らす。VAR審判員は、些細な誤審を見逃すようになり、試合結果を左右する重大な判定に集中するようになる。

オフサイドの判定については、プレミアリーグはヨーロッパのモデルに近づきつつある。攻撃側と守備側の選手が1つのピクセルで識別されるのは変わりませんが、さらに太い線が引かれ、それが交差するとオンサイドとみなされ、攻撃側に多少の余裕が生まれる。

2021/22には、昨シーズンに除外された20ゴールが有効になると考えられる。TV放送では、VARルームでの判定がどのように行われたかを示す映像を見ることができなくなり、最終的なグラフィックだけが表示される。

このような指針はPKの判定にも影響し、VARが主審の「明確かつ明白なエラー」と判断した場合には、以前よりも最終決定に介入することになる。

偶発的なハンドは、2つの重要な分野で明確化される。ボールに当たった手や腕が自然な位置にあり、体から離れていない場合は反則となる可能性は低くなる。ゴール前での不注意なハンドは、接触の直後または直接ゴールした場合にのみファールとなる。

また、シュートが打たれるかプレーが止まるまで、アシスタントがオフサイドの判定を遅らせるようなことも少なくなるだろう。これからは、プレーヤーがオフサイドであること、あるいはゴールを脅かさない広い位置にいることを完全に確信している場合、線審は直ちに旗を上げる。

その他のニュース

今シーズンのプレミアリーグの主な試公式ボールは、グレー、黒、オレンジのNike Aerowsculptとなる。

プレミアリーグでは、今季4つのクラブが新しい監督を任命した。トッテナムはヌーノ・エスピリト・サントを迎え入れ、ウルブズではブルーノ・ラージが後任となった。ラファ・ベニテスはエヴァートン監督に、パトリック・ヴィエイラはクリスタルパレスの監督に就任した。

国際サッカー協会理事会(IFAB)は、大会主催者が2022年末までチームに最大5人の交代要員の使用を認めることを確認したが、イングランドではこの案を適用していない。ただし、脳震盪時の交代要員を2名までとすることの試行は継続される。また、クラブドクターは、迅速な状況判断のためにテレビのリプレイを見ることができる。

プレミアリーグでは、レフリーセレクトグループ1にジョン・ブルックス(レスターシャー)、ジャレッド・ギレット(オーストラリア人初)、トニー・ハリントン(ティーサイド)、マイケル・ソールズベリー(ランカシャー)の4名のレフリーが昇格し、合計で22名となった。いずれもチェルシーの試合を担当したことはない。ウェイド・スミスは、唯一の新しいレフェリー・アシスタントとなる。リー・メイソンはレフリーを引退したが、今シーズンはビデオアシスタントレフリー(VAR)を担当する。

月曜日のプレシーズン・ブリーフィングの第3部(最終回)では、記念日や記録などを紹介する。