例年より早い開幕、ワールドカップによるシーズン中断、そして6月のフィナーレ:2022/23シーズンは、壮大なものになることが約束されている。クラブの歴史家リック・グランヴィルと統計学者ポール・ダットンにとって、新しい物語はここから始まる...

さあ、また始まろうとしている。チェルシーはプレミアリーグ31シーズン目、トップリーグ88シーズン目、通算107シーズン目、1999年以来19回目のチャンピオンズリーグ出場、そしてトッド・ベーリー/クリアレイク・キャピタルが率いるアメリカ出身オーナーたちの処女航海となる。制裁措置の混乱は収まったが、次期オーナーが過去20年半の驚くべき勢いをさらに発展させるためには、スター選手たちは今シーズン、高い地位を獲得しなければならないだろう。

2022/23シーズンのスケジュールについてまず言えることは、11月21日から12月18日まで開催される前例のないワールドカップが、通常のシーズンのリズムを崩すということである。チェルシーに限らず、この影響がどのようなものかは蓋を開けてみなければ誰にもわからないだろう。

FAカップを除くすべての大会がアコーディオンのように伸び縮みする、これまでにないシーズンとなる。通常、プレミアリーグのシーズン終了とワールドカップ開幕までには30日以上、ワールドカップが終わった後も、国内のクラブシーズンが再開するまでに同じような期間がある。今回は、11月12日か13日、つまりW杯開幕の9日前にクラブでの活動は休止し、W杯終了から8日後、チェルシーはボクシング・デーにホームでボーンマスと対戦する予定だ。

9月下旬にはさらに代表戦を詰め込まなければならず、11月12日のニューカッスル戦の後、チェルシーは昨シーズンの18試合に対し、23試合を消化することになる。

このような過密スケジュールの中、プレミアリーグの選手たちの何人がワールドカップを頭の片隅に置きながらプレーするのだろうか?そこでの成功や失敗に影響を受けるのは何人いるのだろうか?監督たちは、クリスマス前の2回目のプレシーズンをどのようにアレンジするのだろうか?

プレミアリーグは30周年を迎え、8月と9月にはトロフィーがイングランドとウェールズを巡回する。チェルシーはこの30年間、たくさんの素晴らしい思い出を生み出してきた。サポーターは第2、第3節の週末にソーシャルメディアでそれらを共有するだろう。

2022/23シーズンの他に注目すべき点は、FAカップを除き30ポンドのアウェーチケット制はさらに3年間延長され、交代は5人となり、ディフェンダーが最後にボールに触れた場合のオフサイドに関する混乱が明確になり、スポーツグラウンド安全局によって一部のスタジアムでのリーグ戦では立ち見が完全に認可された。チェルシーは、昨年夏にシェッドスタンドとマシュー・ハーディング・スタンドに設置され、1月にはリヴァプール戦で試用されたレールシーティングシステムをいち早く採用した。

今シーズンは、ノッティンガム・フォレストがバーンリーと入れ替わったことで、過去24回の間にリーグ優勝を果たした13チームがプレミアリーグの栄冠を争うことになった。また、スター選手のラヒーム・スターリングがシチズンズから移籍してきたことで、ブルーズの現在のチームにはリーグ優勝経験のある選手が6人含まれている。

新監督が「恐ろしい」と評するロンドンっ子のラヒーム・スターリングと、エドゥ・メンディのチームメイトで世界的にもエリートDFの一人であるカリドゥ・クリバリをこれまでに獲得し、新フロントは忍耐と決意をもって補強を行ってきた。

同時に、新体制はアカデミーからトップチームへの道筋を強化することを明確にしており、オールラウンドなMFコナー・ギャラガーのような選手もいる。

忘れてはならないのは、ロンドン勢は昨シーズン、王者マンチェスター・シティに21ポイント差の3位でフィニッシュしており、イングランドサッカー界で最も栄誉ある賞を最後に手にしてから5シーズンが経過しているということだ。これは、1955年から2005年以来、最長の不毛の期間である。制裁措置とオーナーの変更は、ブルーズが移籍市場で後れを取ることを意味した。

トーマス・トゥヘル監督は、チェルシーのプレシーズンを「消耗が激しい」と表現し、イタリア遠征後、長丁場の前に2日間の休暇が与えられた。しかし、2010/11と2012/13には、同じような懸念材料がある中、嵐のようなシーズンの幕開けとなった。移籍市場は9月1日まで開いている。

新体制の馴れ初めは、密室では行われない。世界王者が出場する14のリーグ戦のうち、9試合がライブ中継されることになった。特に、グディソン・パークで4連敗していることを考えると、初日の土曜日の夜にアウェーでエヴァートンに勝てば、すぐに元気を取り戻せるだろう。

ワトフォード戦でのロス・バークリーの土壇場の一撃で、ロマン・アブラモヴィッチのオーナーシップに幕が下ろされた。このブルーズの勇敢な新時代の幕を開ける栄誉を手にしたのは誰なのか見てみよう。

チェルシーの過去のプレミアリーグ順位

2021/22 3位
2020/21 4位
2019/20 4位
2018/19 3位
2017/18 5位
2016/17 優勝
2015/16 10位
2014/15 優勝
2013/14 3位

チェルシーの試合のTV放送

日本においては、チェルシーのリーグ戦はSPOTV NOW JAPAN、チャンピオンズリーグはWOWOW、国内カップ戦はDAZNが放映権を所有している。

プレシーズン親善試合の結果

7月16日(土)クラブ・アメリカ 1-2 チェルシー(得点:ヴェルナー、マウント)ラスベガス
7月20日(水)シャーロット 1-1 チェルシー(得点:プリシッチ)シャーロット
7月23日(土)チェルシー 0-4 アーセナル オーランド
7月29日(金)ウディネーゼ 1-3 チェルシー(得点:カンテ、スターリング、マウント)ウディネ
7月30日(土)ウディネーゼ 0-2 チェルシー(得点:ロフタス=チーク、ツィエク)ウディネ

プレミアリーグ

30周年記念のシーズンは、昨シーズンより8日早い8月6日に開幕となり、5月28日の日曜日に閉幕、ワールドカップが開催される11月13日からボクシング・デーまで中断するため、見慣れない雰囲気になることだろう。少なくとも、クラブが5人の選手交代を認めたことで、コーチは試合中に使える選手層が厚くなる。

11月中旬のワールドカップ前の第16節(チェルシーがセント・ジェームズ・パークを訪れる)は、5月28日のプレミアリーグ最終節とは逆の日程になる。

昇格組3チームはいずれも、プレーオフを制し久しぶりにトップリーグ復帰となるノッティンガム・フォレストを含め、プレミアリーグに馴染みのあるチームである。チェルシーは1999年にレッズをホーム&アウェーで破り、その後23年間の空白はプレミアリーグ復帰組の中で最長となった。クラブは海運王のエヴァンゲロス・マリナキス氏のポートフォリオの一部であり、シティ・グラウンドには30,445人の観客が収容できる。

ブルーズは、2020年に降格するまで、エディ・ハウ率いるボーンマスに対して過去6年間でわずか2勝しか挙げていなかった。現在も11,450人収容のディーン・コートでプレーするチェリーズは、元チェルシーMFでフラムでコーチをしていたスコット・パーカーが監督を務めている。

2部王者フラムの復帰により、予定されていたウエストロンドン・ダービーは4つに増えた。昨シーズン、チェルシーがブレントフォードにホームで敗れたのは、2006年3月以来、初めてのことだった。また、1年ぶりにマルコ・シウバ監督の下で復活したコッタガーに対し、ブルーズは過去7連勝を飾っている。

ホワイツは今シーズン、新しいリバーサイド・スタンドの下層部をオープンし、クレイヴン・コテージの収容人数を3万人弱に引き上げる予定だ。他のトップリーグのスタジアムの変更には、ロンドン・スタジアムが2,500人増の62,500人に、リヴァプールのアンフィールド・ロードスタンドが既存の建物の後ろに再開発されることが含まれ、2023/24に完成する予定だ。

フォレストは開発のためにメインスタンドを閉鎖する計画が今シーズン終了後に行われることになったが、ヴィラ・パークの改修はまだ先になりそうだ。

プレミアリーグのクラブで夏に監督が交代したのはマンチェスター・ユナイテッドだけで、アヤックスからエリック・テン・ハグがラルフ・ラングニックの後任として就任した(サー・アレックス・ファーガソン監督以降8人目となる)。

チャンピオンズリーグ

チェルシーにとって、23シーズンぶり19回目のチャンピオンズリーグ出場となる。グループステージの抽選は8月25日(木)にニヨンで行われる。対戦相手は、抽選枠1のアヤックス、バイエルン・ミュンヘン、アイントラフト・フランクフルト、ACミラン、パリ・サン=ジェルマン、ポルト、レアル・マドリー、抽選枠2のバイエル・レヴァークーゼン、ボルシア・ドルトムント、インテル、ナポリ、レッドブル・ザルツブルク、シャフタール・ドネツク、スポルティングと、さらに1つ、おそらくマルセイユ、ブルージュ、セルティック、その他まだプレーオフお行っている抽選枠4のチームとなる可能性がある。

今シーズンのUEFAのスケジュールは例年よりかなりコンパクトで、グループステージは例年より5週間早く、11月初旬に終了する。しかし、ラウンド16は通常通り2月に開始され、決勝戦はわずかに遅れて行われる。6月10日(土)、イスタンブールのアタテュルク・オリンピック・スタジアムで開催される。

ありがたいことに、グループリーグ前後に行われるリーグ戦4試合のうち、ロンドン以外での開催はバーミンガムとブライトンの2試合だけだ。

第1節:9月6・7日 前:ウェストハム(H)後:フラム(A)

第5節:9月13・14日 前:フラム(A)後:リヴァプール(H)

第3節:10月4・5日 前:パレス(A)後:ウルブス(H)

第4節:10月11・12日 前:ウルブス(H)後:ヴィラ(A)

第5節:10月25・26日 前:マンU(H)後:ブライトン(A)

第6節:11月1・2日 前:ブライトン(A)後:アーセナル(H)

注:TV放送の関係により日時が変更される場合があります。

今シーズンは、欧州で2回目の「アウェーゴール」ルールが適用されないシーズンとなる。

昨シーズンのスーパーカップとクラブワールドカップの成功により、ブルーズはヨーロッパ/世界の主なタイトル獲得数でマンチェスター・ユナイテッド(8)を上回り9冠となった。

FAカップ

チェルシーは4年連続のFAカップ決勝進出を狙うが、これはどのクラブも成し遂げていない記録だ(ブルーズは過去6回中4回決勝進出を果たしている)。

100年前の今シーズン、1923年4月28日にウェンブリーで初めて開催されたこの最高峰の大会。チェルシーの15回より多く決勝に進出したのは、マンチェスター・ユナイテッド(19回)とアーセナル(21回)だけである。

FAカップ日程

1月7日(土):ラウンド3
1月28日(土):ラウンド4
3月1日(水):ラウンド5
3月18日(土):準々決勝
4月22日(土):準決勝
6月3日(土):決勝

注:決勝以外はTV放送の関係により日時が変更される場合があります。

チェルシーの最近のFAカップの成績

2021/22 準優勝
2020/21 準優勝
2019/20 準優勝
2018/19 ラウンド5
2017/18 優勝
2016/17 準優勝

カラバオカップ

昨シーズン、チェルシーとリヴァプールによるイングランド最速のタイトル獲得ルートの完結編は、Sky Sportsのプラットフォームにおけるこの試合の記録となる400万人の視聴者数を生み出した。

チェルシーが出場する3回戦の抽選は、8月23日、24日の2回戦の後に行われるため、準決勝の2試合制に戻る第63回リーグカップもワールドカップ開催時期に影響を受けることになる。

第3ラウンドは11月まで延期され、第4ラウンドはワールドカップ決勝の直後に行われるため、代表選手の少ないチームが有利になる可能性がある。準々決勝は1月に延期されたが、決勝は通常の日程で開催される。

カラバオカップ日程

11月8・9:ラウンド3
12月20・21:ラウンド4
1月10・11:準々決勝
1月25日(水):準決勝第1戦
2月1日(火):準決勝第2戦
2月26日(日):決勝

注:決勝以外はTV放送の関係により日時が変更される場合があります。

チェルシーの最近のカラバオカップの成績

2021/22 準優勝
2020/21 ラウンド4
2019/20 ラウンド4
2018/19 準優勝
2017/18 ベスト4
2016/17 ラウンド4

レフリー

クラブワールドカップでチェルシーがイングランドのクラブとして初めて試用した半自動オフサイド技術(SAOT)は、今冬のワールドカップでは導入されるものの、クラブレベルでの導入は2023/24シーズンからになる予定である。しかし、IFABは、オフサイドの判定と、ディフェンダーが故意にボールに触れたと判断され、攻撃側がオンサイドとなる場合を明確にしている。

プロサッカー審判協会本部でも変化が起きており、マイク・ライリー氏がマネージングディレクターを務めるのは今シーズンが最後となる。2021/22シーズンは、マーティン・アトキンソン、マイク・ディーン、ジョナサン・モスにとって最後のシーズンとなった。グループ1には、過去2シーズンでエリートレベルに昇格した5人目のレフリーであるシェフィールド在住のトム・ブラモールが加わっている。

アシスタントとして、ニック・グリーンホール、スティーブ・メレディス、そしてFIFA公認のナタリー・アスピナルの3人が就任する。アスピナルは、4月にスパーズに3-1で勝利したときのラインを担当しており、チェルシー・ウィメンのファンにはおなじみの存在だ。

その他のニュース

ナイキはプレミアリーグのために、30周年を記念して3つのX(それぞれローマ数字の10)をあしらった3つの新しいエアロスクラプトボールを発表した。メインは白、冬季用(11月~2月)は黄色、そして最後の数ヶ月は水色となる。

チェルシーのスリーブスポンサーは、ヒュンダイに代わり、今シーズンからホエールフィンが全てのレベルで採用されている。

明日の開幕前ブリーフィング第2部では、新しいシーズンを前に知っておくべき重要なデータや記録が含まれていますので、お楽しみに!