アンドレアス・クリステンセンが自身のチェルシーとの契約について「すぐに」発表できることを望むと発言した。

25歳のクリステンセンは、今シーズン末で契約が切れるが、クラブとの「悪い状況」にはないと主張し、これからもチェルシーでプレーすることを望んでいる。

「近いうちに、と思っている」とクリステンセンは答えた。「クラブに評価されていると感じているし、ここでのキャリアに満足しているけど、契約の状況には関与していないんだ。」

「なぜみんなが悪い状況だと思うのかわからない。だって、自分自身幸せだし、サッカーを楽しんでいるからね。」

現在、デンマーク代表としてワールドカップ予選に参加しているクリステンセンは、自分がクラブとトーマス・トゥヘル監督に高く評価されていると信じている。

「今、(チェルシーで)サッカーを楽しんでいるし、監督も信頼してくれている。」

「悪い関係なんて、何もないよ」。

アカデミー卒のクリステンセンは、トゥヘル監督のもと力をつけ、4-0で勝利したマルメ戦でチェルシーでの初ゴールを決めたばかりだ。

アンドレアスは、自分の契約状況について「まったく考えていない」と繰り返した。「サッカーを楽しんでいるから、わからないんだ。」