ピエール=エメリク・オーバメヤンのチェルシー選手としての出だしは、彼が期待した通りではなかったかもしれないが、彼はすでにグレアム・ポッターの下でプレーすることを楽しんでいるという。

移籍市場最終日にバルセロナからスタンフォードブリッジに移籍したオーバメヤンだが、ボルシア・ドルトムント時代の監督、トーマス・トゥヘルの下では1試合しかプレーする機会がなく、その後、ドイツ人監督とは決別することになった。

そしてポッターがすぐに新監督に就任し、初陣となった先週水曜日のRBザルツブルク戦で、オーバメヤンもホームデビューした。

オーバメヤンはポッターについて、「彼は本当にポジティブな人だ」と語っている。

「素晴らしい人物だ。彼と一緒に学び、できるだけ早く勝てるように努力する。適応するのは簡単だろう。彼の考えはとても明確だからね。」

「自分だけでなく、選手たち全員にとって異様なな数週間だったと思う。でもそれはサッカー人生の一部だ。トーマスとの関係は誰もが知っている。誰かがクラブを去るのは悲しいことだけど、これがサッカーなんだ。シーズン中のあらゆる瞬間に、素早い適応が求められる。」

「ちょっと悲しいけど、もっといい日が来るといいね。チェルシーでプレーする以上、一刻も早く結果を出すことが必要なんだ。」

それだけでなく、オーバメヤンは引っ越したばかりの西ロンドンで、バルセロナ時代の終盤に自宅で起こった襲撃事件で負った顔の傷を保護するために、マスクを着用しなければならないという不運にも見舞われている。

ガボン出身のオーバは、ブルーズでの最初の2試合で合計60分程度プレーしているが、水曜日のドローの後、怪我の状態についての最新情報を提供した。

「もっと時間が必要だ。」

「100パーセントの状態ではないんだ。マスクをして、怪我をしている状態でプレーするのは簡単なことではない。だけどできるだけ早く万全の状態にしたい。」