2012年夏、チャンピオンズリーグ優勝直後にチェルシーに加入したセサル・アスピリクエタは、明日、ポルトで行われるマンチェスター・シティ戦でキャプテンを務め、その偉業を達成するチャンスを得た。

キックオフを24時間後に控え、スタジアムで語ったキャプテンの言葉は明確だった。しかし、彼はただ決勝に参加するために来たのではなく、勝つためにやってきたのだ。

「チャンピオンズリーグ決勝でチームを率いることは、誇りに思う瞬間だが、試合後はさらに誇らしく思いたい。」と語った。「私たちはすべてを捧げる準備ができている。戻ってくるのに9年かかったが、明日はみんなにとって大きなチャンスだ。」

「私たちは、ピッチ上ですべてを捧げなければならないことを知っているし、チーム一丸にならないというメンタリティを持っている。これまでも、特に大きな試合でそれを示してきた。それは、ピッチ上の11人の選手だけでなく、ベンチにいる全員、そしてスタッフにも言えることだ。」

「私たちは、苦しい局面がやってくることも知っているし、勝つためにはベストを尽くさなければならない。今シーズン最大の試合、準備は万端だ。」

マンチェスター・シティとのビッグゲームは、アスピリクエタやチームメイトにとって未知の世界への旅ではない。明日ブルーズがトロフィーを掲げるためには、倒さなければならない相手チームの質の高さ、特徴はわかっている。

「しかし、私たちは自分たちに自信を持っている」と付け加えた。「ここ数ヶ月間で、自分たちはトップチームに対して良いパフォーマンスや良い結果を残せることを示してきた。」

「私たちがチャンピオンズリーグ決勝でポルトに来たのは、チームがここにいるのに値するから。私たちは優れたチームを倒し、非常に優れたパフォーマンスを発揮してきた。次が私が望む最後のステップなんだ。」