ここ20年プレミアリーグにおいて常に良い成績を収めてきたおかげで、ほぼ毎シーズンチャンピオンズリーグに参加してきたチェルシー。

過酷なシーズンとなった今季、他の会場の結果にも助けられたブルーズは5位のレスター・シティを1ポイント差でかわし、18年で15回目となるトップ4入りを果たした。

昨シーズンと同様に4位で終幕となったが、この順位は過去2回、1997/98と最終戦でリヴァプールを2-1で下しCL出場権を獲得した2002/03に入っていた。

ブルーズにとって最も多い順位は、2005年、2006年、2010年、2015年、2017年の1位(優勝)と1999年、2009年、2013年、2014年、2011年の3位。

ブルーズはまた、2004年、2007年、2008年、2011年の4回、2位につけている。

1992年にプレミアリーグが始まる前のトップリーグでの成績を含めると、最も多い順位は3位と6位で、それぞれ8回となっている。