ミシー・バチュアイはトルコのクラブへ完全移籍を完了させた。

同国ではイングランドよりも長く移籍市場が開いているため、昨年のトルコリーグで準優勝したフェネルバフチェに移籍した。

バチュアイは昨シーズン、同市のベシクタシュにレンタル移籍し、イスタンブールのクラブで42試合14得点を記録していた。

チェルシーのシャツを着たストライカーが最高の瞬間を迎えたのは、2017年5月のことだった。ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンでのゴールで、西ロンドンでの1年目の締めくくりとして、5度目のプレミアリーグ優勝を決めたのだ。


2年目には、アトレティコ・マドリードにアウェーで勝利し、終盤に象徴的なゴールを決めた。その後、スペインのバレンシアに移籍した。

プレミア・リーグのクリスタルパレスに2度レンタル移籍する間に、バチュアイは2019/20にフランク・ランパード率いるチェルシーの一員となり、アヤックス戦でこれまた記憶に残る後半の勝利を含む6得点を記録した。ブルーズでは通算で77試合に出場し、25ゴールを挙げた。

ベルギー代表として45試合に出場し、25回ゴールネットを揺らしている。

チェルシーはミシーのブルーズでの活躍に感謝し、フェネルバフチェでの活躍を祈っています。