今日、38歳の誕生日を迎えたチアゴ・シウバがこの年齢での快調の秘訣について語った。

シウバは現在、フランスで行われるガーナとチュニジアとの親善試合に向け、ブラジル代表として準備を進めている。9週間後には、4度目のワールドカップ・グループリーグ開幕戦に臨むセレソンを率い、これまで逃したトロフィーを手にしようと躍起になっていることだろう。

彼の豊富な経験は、カタールでのチッチ監督率いるチームにとって間違いなく重要なものとなるだろうが、チアゴ・シウバはワールドカップに出場した最古参選手のトップ10にも入らないだろうし、45歳でロシア大会に出場したエジプト代表GKエサム・エル・ハダリと比べれば、むしろ若々しいと言える。

しかし、30代後半になると、クラブと代表の両方でトップレベルで戦うことは容易ではなく、彼はコンディション調整と試合の準備のためにあらゆる手を尽くしている。

「この年齢でこのレベルでプレーできることは、自分にとってとても重要なことだけど、特にプレミアリーグでは簡単なことじゃないんだ」と語るシウバ。

「トレーニングが終わると、家に帰ってきて、明日に向けてどうやって調整するか考えるんだ。」

「最初の1分から最後の1分まで激しい試合ばかりだから、常に準備をしておかなければならないんだ。自分は38歳かもしれないけど、できるだけこのチームの力になりたいと思う。」

チアゴ・シウバの長いキャリアの中で、スポーツ科学と生理学の進歩が選手生命を長らえさせるなど、サッカーは大きく変化してきた。しかし、背番号6は、練習場の外での行動も、ピッチ上で行われることと同じくらい重要だと考えている。

「役に立つことはたくさんあるし、今の選手たちはよりプロフェッショナルになっている。今の選手たちは、アスリートのようなもので、精神的な部分も非常に重要となる。」

「フィールドの外で他のことをすると疲れてしまうから、冷静な頭脳が必要だ。それが自分の考え方だ。選手たちは以前よりプロフェッショナルになっている。」

ワールドカップに出場することは、チアゴ・シルバの長年の目標であったが、来夏に切れる現在の契約期間を超えて、スタンフォードブリッジでの生活を延長する野望も抱いているようだ。

来月のチャンピオンズリーグで対戦する可能性のある、ACミランの元チームメイト、ズラタン・イブラヒモヴィッチを例に挙げ、体が許す限り、最高レベルでプレーし続けることをモチベーションに挙げている。

「ズラタンとはよく話すし、今シーズンはチャンピオンズリーグでミランと対戦するから、より頻繁に話している。自分の目標は40歳までプレーすることだけど、それがこのレベル、この大会でできるかはわからない。」

「今シーズン次第だし、ワールドカップで何が起こるかわからない。また、契約延長にもよるけど、そうだね、40歳までプレーしたいね!」