チェルシーは今夜アブダビで開催されるFIFAクラブワールドカップ決勝で、これまで手にすることができなかった唯一のメジャータイトルの獲得に挑むことになる。この大一番を前に気になるデータや情報について見ていこう。

クラブワールドカップでのチェルシー

クラブワールドカップの決勝戦にイングランド勢とブラジル勢が登場するのは、これで4回目となる。

これまでのイングランド勢対ブラジル勢の対戦結果2005年 サンパウロ 1-0 リヴァプール2012年 コリンチャンス 1-0 チェルシー2019年 リヴァプール 1-0 フラメンゴ

プレミアリーグ勢がクラブワールドカップ決勝に出場するのは、今回で5回目(これまで2勝2敗)。

もしチェルシーが勝てば、セサル・アスピリクエタはチェルシーの選手としてプレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、スーパーカップ、クラブワールドカップ、FAカップ、リーグカップを制覇した最初の選手になる。

チェルシーとパルメイラスの対戦は史上初となる。

2012年のクラブワールドカップでコリンチャンスと対戦した1試合を除けば、ブラジル勢との親善試合は過去に何度か行われている。

チェルシーのスタッツ

ブラジル人チェルシー選手でパルメイラスでプレーしたことがあるのは、2019年から2020年にかけてプレーしたラミレスのみ。

チェルシーは、バイエルン・ミュンヘン、マンチェスター・ユナイテッドと並んで、UEFAの主要トロフィー(欧州カップ/チャンピオンズリーグ、UEFAカップ/ヨーロッパリーグ、カップウィナーズカップ、スーパーカップ)とFIFAクラブワールドカップの総なめを達成しようとしている。

セサル・アスピリクエタは、前回2012年のクラブワールドカップにも出場した唯一のブルーズだ。ロメル・ルカクは当時チェルシーの選手であったが、当時はウェストブロムに1シーズンの長期レンタル中であった。

現役選手で唯一優勝経験があるのはマテオ・コヴァチッチだ。2016年と2017年にレアル・マドリードで2度優勝している。

その他、チェルシーでプレーしたことのある選手で、他クラブで優勝した選手は9人いる。ミネイロ(サンパウロ)2005年、パト(インテルナシオナル)2006年、ペドロ(バルセロナ)2009、2011年、サムエル・エトー(インテル)2010年、セスク・ファブレガス(バルセロナ)2011年、クラウディオ・ピサロ(バイエルン・ミュンヘン)2013年、アルバロ・モラタ(レアル・マドリー)2016年、ティボ・クルトワ(レアル・マドリー)2018年、モハメド・サラー(リバプール)2019年が他クラブで優勝している。

2005年以降、UEFAチャンピオンズリーグ優勝チームは、17回すべてクラブワールドカップの決勝に進出している。

9月のマン・シティ戦、ユヴェントス戦で連敗して以来、ブルーズは直近29試合で2敗しかしておらず、19勝している。

トーマス・トゥヘル監督はチェルシーに着任してから1年余りで、チャンピオンズリーグ、FAカップ、カラバオカップ、スーパーカップ、そして今回のクラブワールドカップで決勝に進出した。

チェルシーは今シーズン、スーパーカップのビリャレアル戦、カラバオカップのアストンヴィラとサウサンプトン戦と、3回のPK戦をすべて制している。ケパ・アリサバラガは、クラブ最多セーブ記録8を保持しており、ペトル・チェフが6、ケビン・ヒッチコックが4と続いている。

記録

パルメイラスのスタッツ

パルメイラスはブラジルのどのクラブよりも多くのトロフィーを獲得しており、セリエAのリーグ優勝は10回という記録を持っている。

約115年前に結成されたパルメイラスは、南米で4クラブ目となるクラブワールドカップチャンピオンになることを目指している。

パルメイラスはコパ・リベルタドーレス決勝で同じブラジルのフラメンゴを破り、この大会への出場権を獲得した。フラメンゴのメンバーにはケネディやチェルシーの古株、ダビド・ルイス、フィリペ・ルイスがいた。

ブラジルはクラブワールドカップの歴史上、最も多くの決勝進出チームを輩出している国である(9クラブ)。

パルメイラスはサンパウロに本拠地を置き、ホームスタジアムは43,700人収容のアリアンツ・パルケ、緑のシャツと白のショートパンツでプレーする。

パルメイラスはコパ・リベルタドーレスで2連覇し、ブラジルのコリンチャンス、インテルナシオナル、サンパウロと並んでクラブワールドカップ王者となるチャンスを再び手にしている。2020年の大会では4位だった。

パルメイラスは11月に敗れたのを最後に、リーグ・カップ戦合わせて10試合無敗(7勝)である。

パルメイラスは2日の準決勝でエジプトのアル・アハリを2-0で下している。アフリカ王者は80分過ぎにキャプテンが退場処分となった。

パルメイラスは昨季のクラブワールドカップでアル・アハリとの3・4回目のプレーオフを含め、2021年に行われたPK戦では4回とも敗れている。