トレヴォ・チャロバーとカイ・ハフェルツが、3月のEAスポーツ・プレミアリーグ月間最優秀選手賞にノミネートされた。

トレヴォ・チャロバーとカイ・ハフェルツが、3月のEAスポーツ・プレミアリーグ月間最優秀選手賞にノミネートされた。

ハフェルツは今月3試合で5ゴールに絡み、チャロバーは2度のクリーンシートに貢献、さらにノリッチ・シティとのアウェー戦では先制点を挙げた。

ハフェルツは、トーマス・トゥヘル監督によって1トップとして起用され、チェルシーでのキャリアでおそらくベストの状態にあるのだろう。2月中旬からの8試合で6ゴールをマークしている。

今月は、プレミアリーグの3試合すべてでネットを揺らし、バーンリー戦では4-0で勝利、ニューカッスル戦では試合終盤に勝ち越し、ノリッチ戦ではメイソン・マウントの2点目をお膳立てするなどの活躍を見せた。昨シーズンの開幕以来、ブルーズの選手でハフェルツ以上得点をあげた選手はいない。

ハフェルツは、ニューカッスル戦の89分、ジョルジーニョのパスを絶妙なタッチで足元に運ぶと、本能的にほとんど一瞬のうちに見事なゴールを決めた。その後、トゥヘルはこのゴールを「並外れたゴール」と評し、フォワードの自信と落ち着きを賞賛した。

キャロウ・ロードでは、この23歳はまたもや左足でゴールを決め、3-1の勝利に貢献した。その数日前、ハフェルツはターフ・ムーアで、バックポストから巧みなヘディングシュートを決め、2点目は6ヤード・ボックスの内側から至近距離でゴールを決め、話題となった。

チャロバーもバーンリー戦でも先発出場し、クラレッツを寄せ付けず、アウェーで再びクリーンシートを達成した。3月のリーグ戦では全試合フル出場を果たし、アウェーでのノリッチ戦では入団以来4点目となるゴールをヘディングで決めた。

また、バーンリー戦では、リース・ジェイムズのゴールをアシストし、ニューカッスル戦では、前半から右サイドバックでプレーし、ディフェンスとして活躍した。

ハフェルツとチャロバーの他に3月のベストプレーヤーにノミネートされたのは、マティ・キャッシュ(アストンヴィラ)、ハリー・ケイン、デヤン・クルゼフスキ(ともにトッテナム)、アンディ・ロバートソン(リバプール)、ブカヨ・サカ(アーセナル)、イワン・トニー(ブレントフォード)。

投票は英国時間3月28日(月)正午12時まで受付中で、同週末に受賞者が発表される。

ここからカイとトレヴォに投票しよう!