イジー・ブラウンがチェルシーを退団し、プレストン・ノース・エンドに移籍することが決まりました。

チェルシーとの契約が今夏で終了するイジー・ブラウンは、7月1日にチャンピオンシップのプレストンに移籍します(1年契約で延長オプション付き)。

ブラウンは、昨シーズン、ルートン・タウンの降格回避に貢献した後、シェフィールド・ウェンズデーにレンタル移籍しており、3年連続でチャンピオンシップに参戦することになります。

現在24歳のブラウンは、2013年、16歳のときにウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンからチェルシーに移籍しました。2014/15シーズンにはUEFAユースリーグでU-19チームのキャプテンを務め、シャフタール・ドネツクとの決勝戦でゴールを決めて栄冠を手にし、同年のFAユースカップではU-18チームの一員としてマンチェスター・シティとの決勝戦第2戦でゴールを決めました。

ブラウンは、2014/15シーズンのプレミアリーグ最終節、前所属のウェストブロム戦に交代で出場し、チェルシーでのデビューを果たしました。その後、オランダのフィテッセ・アーネムにレンタル移籍し、ロザラムで活躍した後、ハダースフィールドのプレミアリーグ昇格に貢献しましたが、ブライトンでのレンタル移籍中に膝を痛めてしまい、それからレンタル選手としてプレーすることになったリーズ、ルートン、シェフィールド・ウェンズデーでも怪我に悩まされました。

このたび、昨シーズンのチャンピオンシップで13位に入り、元チェルシーのスコット・シンクレアが所属するプレストンに完全移籍することになりました。

チェルシーのスタッフ一同、イジーのプレストンでの活躍と、彼の将来の活躍を願っています。