この夏スタンフォードブリッジを去ったウィリー・カバジェロがファンとチームメイトに向けてお別れの言葉を送りました。

マンチェスター・シティから移籍して以来、FAカップ、ヨーロッパリーグ、チャンピオンズリーグを制覇したチームの一員だったカバジェロは、ドレッシングルームの人気者であり、GKを支える重要な役割を果たしていました。

先月、契約が満了し新たな挑戦に乗り出すウィリーは、Instagramでチェルシーの「ファミリー」のみんなに別れを告げました。

カバジェロは、インスタグラムを通じて「チェルシーファミリーの皆さんに、この美しい4年間を一緒に過ごせたことを感謝したいと思います。ここで成し得たことすべてについてファンに感謝し、そしてたくさんの楽しい思い出を作ってくれたチームメイトたちにも感謝します。このユニフォームとカラーを全力で守ることができたのは自分にとって喜びであり、光栄なことでした。これから始まる次のシーズンでチェルシーが最高の結果を残すことを願っています」とコメントしました。

「この先何が起きてもワクワクしています。そしてサッカーがもたらす新しい挑戦に向けてキャリアを続けたいと思います。」