チェルシー・フットボールクラブ公開有限会社は本日、2021年6月30日に終了した年度の年次決算を発表した。

グループ売上高は、チャンピオンズリーグでの活躍と、2019/20シーズンの延長に伴う2020/21会計年度への繰越金により、前年の4億740万ポンドから4億3490万ポンドに増加した。

新型コロナウイルス感染症の大流行により、当クラブの年間の収益に深刻な影響があり、パンデミックによるマッチデー、放送、コマーシャル収入への影響がなければ、本年はおそらくクラブが初めて売上高5億ポンドを突破していたことが予想される。収入への影響は、2021年6月30日に終了した年度にグループが1億5340万ポンドの損失を計上する要因となった。

前年同期比で増加している唯一の収入源は放送収入で、1億8,250万ポンドから2億7,360万ポンドに増加した。この増加は、クラブのチャンピオンズリーグの成功によるものだが、2019/20プレミアリーグのシーズンが2020年7月と遅く終了したため、国内およびヨーロッパの放送収入は試合が行われた時点で認識されるため、金額は2019/20シーズンから繰り越された。このような増加分は、国内と欧州の両放送局に支払う払い戻しで相殺された。

マッチデー収益770万ポンド(2019/20 - 5450万ポンド)、商業収益1億5360万ポンド(2019/20 - 1億7040万ポンド)はともに、新型コロナウイルス感染症の流行により、2020/21シーズンのプレミアリーグでは大半の試合が非公開で行われたことが影響している。

新型コロナウイルス感染症の収益への影響は、年間を通じて試合が非公開で行われたことによる試合開催費用の減少により一部相殺された。クラブは、2020/21会計年度を通じて政府の雇用維持制度を利用しないことを選択した。

クラブは、既存の選手契約の再交渉を含め、2020/21会計年度中に選手団に2億2,080万ポンドを投資。

当クラブは、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則に基づくUEFAの損益分岐点基準を引き続き遵守している。

ブルース・バック会長は、「パンデミックは、2年連続でクラブの収入に深刻な影響を及ぼした。大半の試合が非公開で行われたため、かなりの収入が失われたが、チャンピオンズリーグでの成功により、パンデミックによる収入への大きな影響を相殺することができた。もし、パンデミックによる試合日の影響がなければ、今年は過去最高の売上高を達成できたと確信している。」

「この期間中、私たちは、ビジネス全体にわたってオーナーの全面的なコミットメントとサポートを受け続け、この期間中、選手団への投資を続けることができたのだ。もちろん、これは規制の枠組みや制約の中で仕事をしながらである。」

「当社の財務運営の強さ、安定性、長期的なアプローチにより、収益源は引き続き堅調ですが、新型コロナウイルス感染症は、当社の商業活動が通常の活動を再開する次の会計年度に入っても影響を及ぼし続けるだろう。」