チェルシーFCウィメンは、新シーズンの開幕にあたり、「Nothing Stops Us」キャンペーンを実施し、女子サッカー界にエールを送る。

このキャンペーンは、多くの変化がもたらされたサッカーの夏に続いて、女子サッカーが新しい時代に入ったという事実を示すものとなる。

今週のメトロ紙に寄稿したエマ・ヘイズ監督は、ユーロでのイングランド代表選手の活躍は「転換点」になると述べ、現在の成功への道を開くために戦ったパイオニアたちに賛辞を送る。

「今年はチェルシーFCウィメンの30周年となる。ブルーの各世代は、過去の人たちの肩の上に立っています。ビジョンを持ち、決してノーと答えなかった人たちの肩の上に立っているんだ。」

チェルシーの女子サッカー界における長い歴史を記念して、クラブは過去30年間の成功を称え、チームの将来を展望する映画を制作した。

この映画では、チェルシーファンのフェリシア・ペナントとマヨワ・クアドリがナレーションを担当し、クラブでの最初の48試合の出場で84ゴールを挙げたジュリー・ニューウェルなどの伝説的な選手たちが紹介されている。

スタンフォードブリッジで行われる開幕戦は、ロンドンの盛んな女子サッカーを祝福する機会にもなり、当日は地域クラブやファングループがマッチデー・アートワークに参加する予定だ。

このキャンペーンは、シーズンを通して世界をリードするチェルシー財団の活動を通じて、ロンドン中の女性や少女たちに活力を与えるメッセージとして機能する。財団は、9月11日(日)の試合前にチェルシーのイール・ブルック・コモンで少女たちと歩くセッションでキックオフを迎える。