チェルシー・フットボールクラブは、本日、一連の取締役会人事およびその他の経営陣の交代を発表しました。

チェルシーFCの共同支配者であり、エルドリッジ会長兼CEOのトッド・ベーリーは、「チェルシーFCの管理者として、我々はこれからクラブの長期ビジョンと計画を実行し、情熱的で忠実なファンのために素晴らしい体験をもたらし、チェルシーFCの輝かしい歴史に沿った最高の栄誉への挑戦を続けます」と語っています。

「共に手を携えて、肩を並べて、ピッチの内外で勝利するために尽力していきます。我々にとって、その努力はすでに始まっているのです。」

チェルシーFCの共同支配者であり、クリアレイク・キャピタルの共同設立者兼マネージングパートナーであるベダッド・エバリーとホセ・E・フェリシアーノは、「ベーリーとクリアレイクの新オーナー時代が始まるにあたり、我々は最高峰の組織を構築し、グローバルプラットフォームとしてチェルシーFCを成長させていくことを願っています。」

「トーマス・トゥヘル、エマ・ヘイズ両監督と彼らのチームをサポートすることを楽しみにしており、チェルシーの忠実なファンと我々のパートナーが誇りに思えるように、積極的で屈託のないサポートを提供します。」

ベーリーは、チェルシーFCの取締役会会長に即座に就任しました。チェルシーFCの他の確定した取締役会メンバーは以下の通りです。

- ベダッド・エバリーとホセ・E・フェリシアーノ(チェルシーFC共同オーナー、クリアレイク・キャピタル共同設立者兼マネージングパートナー)- マーク・ウォルター(チェルシーFCの共同オーナー、グッゲンハイム・パートナーズの共同設立者兼CEO、ロサンゼルス・ドジャース、ロサンゼルス・レイカーズ、ロサンゼルス・スパークスオーナー )- ハンスヨルグ・ヴィス(チェルシーFCの共同オーナー、Wyss財団の創設者)- ジョナサン・ゴールドスタイン(チェルシーFC共同オーナー、カイン・インターナショナル共同設立者兼CEO)- バーバラ・シャロン(MBC PR社取締役兼共同創業者)- ダニエル・フィンケルシュタイン卿(コラムニスト、タイムズ紙元編集長、OBE)- ジェームズ・ペイド(クリアレイク・キャピタルパートナー兼マネージング・ディレクター)

今回の発表では、チェルシーFCのディレクターであるマリナ・グラノフスカイアの退任も含まれています。ベーリーは、クラブが正式な後任を指名するまでの間、暫定的にスポーツ・ディレクターとして活動し、現在の移籍市場でクラブが掲げた目標に向けた活動を継続する予定です。チェルシーFCとグラノフスカイア氏は、移籍市場の期間中も、移行をサポートするために必要な範囲で、ベーリーとクラブに協力することに合意しています。

「我々は、マリナの長年にわたるクラブへの貢献に感謝するとともに、彼女の今後の活躍を祈ります」と、ベーリーは付け加えています。