コナー・ギャラガーはチャンピオンシップで今シーズン4点目、アイク・ウグボはオランダ2部で5点目を記録。一方でイタリアからは怪我のニュースも…

ザッパコスタが手術

ASローマへローン加入中のダヴィデ・ザッパコスタはトレーニング中に膝の前十字靭帯を損傷。セリエAで数試合に出たばかりのザッパコスタだが、シーズン序盤で離脱することとなった。

イングランドのローン選手情報

代表ウィークを前に、チャンピオンシップではミッドウィークにも試合が開催された。

ミッドウィーク、コナー・ギャラガー(トップ画像)擁するチャールトンは首位を走っていたスウォンジーに敗戦。しかし週末のフルハム戦ではギャラガーが先制点を挙げ、試合は2-2のドローに終わった。

ハダーズフィールドのダニー・カウリー監督から「トップ選手になれる資質がある」と評価を受けたトレヴォ・チャロバーはその翌日、ハル戦で活躍し3-0での勝利に貢献。ミッドウィークにはストークに勝利しており、チャロバーは73分間プレー。ハダーズフィールドは2連勝で降格圏から脱出した。

ハダーズフィールドと勝ち点8で並ぶレディングは順位表で下から3番目の22位。マット・ミアズガはブリストル戦に出場したものの、チームは1-0で敗れている。

ルートンのイジー・ブラウンはダービー戦に途中出場するも、2-0で敗戦。ミッドウィークのミルウォール戦には先発出場し、この試合は1-1のドローに終わっている。バーミンガムのジェイク・クラーク=ソルターはウィガン相手に83分間プレーしたが、チームは1-0で敗れた。

リーグ1ではバートンのリチャード・ナーティがMKドンズ戦に出場し、3-0での勝利に貢献。ミッドウィークにはEFLトロフィーでエヴァートンに敗れている。ナーティはこの試合に途中出場した。

リーグ2、プリマスではジョシュ・グラントがスカンソープ戦の終盤から途中出場。しかし試合終了間際に同点弾を許し、試合は2-2のドローに終わった。

ヨーロッパでは

ヘタフェへローン加入中のケネディは先々週、ヴァレンシア戦に途中出場し、同点に追いつくチームを支えた。ヨーロッパリーグのクラスノダール戦ではスタメン入りし、先制点をアシスト。勝利でホセ・ボルダラス監督の期待に応える形となった。ヘタフェは2試合を終えてグループC首位に立っている。週末のリーグ戦ではレアル・ソシエダ戦に途中出場したケネディが2-1での勝利に貢献した。

リーグアン2連勝中のモナコではティエムエ・バカヨコがモンペリエ戦に先発出場。しかしチームは3-1で敗れている。

アタランタではマリオ・パサリッチがチャンピオンズリーグのシャフタール戦に出場。同大会初めてのホームゲームを戦うこととなったが、本拠地スタディオ・アトレティ・アズーリが改修中のため、ミラノのサン・シーロでプレーした。

パサリッチのポスト直撃のシュートから先制点が生まれたアタランタだが、試合終了間際の失点で敗戦。チャンピオンズリーグ初めての勝ち点獲得はならず。セリエAではレッチェを3-1で下し、リーグ3位をキープ。24歳のパサリッチはベンチ入りするも、出番がなかった。

オランダ2部、ローダJCのアイク・ウグボはテルスター戦でネットを揺らし、2-1での勝利に貢献。アヤックスU21でプレーするファン・カスティージョはエイントホーフェン戦に出場し、6-0での大勝に貢献した。

ブンデスリーガではデュッセルドルフのルイス・ベイカーがヘルタ・ベルリン戦に71分間出場。しかしチームは3-1で敗れた。ヘルタには元チェルシーでチャンピオンズリーグ優勝経験のあるサロモン・カルーがベンチ入りした。

ブラジル、アトレティコ・ミネイロのナタンはヴァスコ・ダ・ガマ戦にスタメン入りしたが、2-1で敗戦。しかし4日後の試合では2位パルメイラス相手にナタンがネットを揺らし、アウェイで1ポイントを手にしている。