ローン移籍中の選手たちの先週の活躍をこの記事でチェック…

国外に移籍中の選手たち

ババ・ラーマンがマジョルカでデビュー。左サイドバックで出場したラーマンはチームのクリーンシートに貢献。しかし結果は両チームが残り10分でPKを外し0-0の引き分けに終わった。フォルトゥナ・デュッセルドルフ所属のルイス・ベイカーはフル出場。無敗のヴォルフスブルクと1-1の引き分けという結果に。 アイク・ウグボはオランダで好調を維持。ヘディングでゴールを奪い4試合で3ゴール。FCアイントホーフェンと1-1の引き分けに持ち込んだ。ウグボは先々週、FCオス相手にゴールを決め2-1の勝利に貢献した。ティエムエ・バカヨコ(トップ写真)はホームでマルセイユと対戦。しかし、モナコは3-4と敗戦。セスク・ファブレガスも出場したモナコだったが、2-0とリードした状況から30分間で4ゴールを許した。バカヨコはそれでもアシストを記録。チームは3-4と1点差に迫った。

ポルトガルではルーカス・ピアゾンがリオ・アヴェFCでデビューを飾った。ハーフタイムに交代で入ったものの、チームはホームで4-2と敗れている。リオ・アヴェFCは前半終了時点で2-0とリードしていた。また、ブラジルではネイサンが後半から出場。試合はインテルナシオナルが3−1で勝利を収めた。マリオ・パサリッチはアタランタで56分間出場。ジェノア相手にアウェイで2-1の勝利。アタランタは現在リーグの6位につけている。

国内

イングランドでは、イジー・ブラウン所属のルートン・タウンはわずかにQPRに及ばず。3−2と1点リードされた状態でブラウンもシュートを放ったが最後まで追いつくことはできず、敗北を喫した。チャールトンのコナー・ギャラガーは無敗記録がストップ。ホームでバーミンガム相手に1-0で敗北。バーミンガムではジェイク・クラーク=ソルターがベンチ入り。

トレヴォ・チャロバーはハダーズフィールドの一員として試合に出場したが、ヨークシャーのライバルであるシェフィールド・ウェンズデイ相手に2-0で敗戦。また両チームにとって新監督の初陣となった。ハダーズフィールドは7試合を戦い勝ち点わずか1でチャンピオンシップの23位となっている。リーグ1ではリチャード・ナーティのバートン・アルビオンがクリーンシートを達成し0−0の引き分け。一方ジョシュ・グラントリーグ2で敗北。ポート・ヴェイル相手に1-0で敗れた。