チェルシーが土曜日にコブハムにてプレシーズン初の練習試合を行い、ピーターバラ相手に22人の選手が試合に出場した。

先週、クリスチャン・プリシッチ、タミー・エイブラハム、カラム・ハドソン=オドイらがヴァカンスから戻り、トーマス・トゥヘル監督の見守る中トレーニングを再開させていた。

昨日、ブルーズはチャンピオンシップに昇格したばかりの相手をコブハムに招いてトレーニングマッチを行い、トゥヘル監督は前半と後半で2つのチームを編成して、各選手にプレーする機会を与えた。

7月の暑さの中、前述の3人に加え、ロス・バークリー、マルコス・アロンソなどがスタメンで出場した。

この試合では、相手チームがPKで先制したが、その後プリシッチが自ら獲得したPKを成功させ、エイブラハムも得点するなど、前半は拮抗した展開となった。

後半は選手を総入れ替えし、ルベン・ロフタス=チーク、アルマンド・ブロジャ、コナー・ギャラガー、ハキム・ツィエクなど出場し、特にツィエクはシャープな動きを見せた。

28歳のツィエクは見事にハットトリックを達成した。1点目は、ババ・ラーマンの左サイドからの巧みなプレーを受けてクロスバー下側に決めた。

さらにブロジャが彼の2点目をアシストし、終盤にはボックス内でのルースパスに反応してゴールを決めた。その前にもブロジャが得点しており、後半のブルーズは相手を圧倒した。

4週間後のプレミアリーグ開幕戦でクリスタルパレスと対戦するブルーズだが、トゥヘルはこれからプレシーズン中にボーンマス、アーセナル、トッテナムとのフレンドリーを行い、調整を進めていく予定だ。