フランク・ランパードは明日のバーンリー戦、エンゴロ・カンテ、ロス・バークリー、アントニオ・リュディガー、アンドレアス・クリステンセンはメンバー入りを果たさないことを明言した。

バーンリー戦に先駆けて、ランパードが金曜日にコブハムで怪我人の状態についてコメント。今シーズンの主力となる4選手を欠いて明日の試合に臨むと話したランパード。また、アキレス腱の怪我で長期離脱を強いられているルベン・ロフタス=チークは回復に努めている。

エンゴロ・カンテはまだ万全な状態ではない

「エンゴロは間に合わない」とランパードがコメント。

「エンゴロは別メニューでフィジカルトレーニングに励んでいる。なぜなら、彼は万全な状態ではないからね。今シーズン、エンゴロは試合に出たり出なかったりしているから、すぐに戻ってきて欲しいと思っている」

「回復する時間が確実に分かるということはない。エンゴロには状態を取り戻してもらいたいね。エンゴロはこの4年間で多くの試合に出場した。昨シーズンの終盤には大きな怪我を負ってしまったんだ。その怪我をして以降、頭を悩ませているようだね」

「今はエンゴロがコンディションを取り戻す時間なのかもしれない。小さな怪我の連鎖はもう起こらないという確信がある」

アントニオ・リュディガーの現況についてコメントしたランパード

「リュディガーは今週末の試合には間に合わないが、状態は良くなっているよ。彼は他の選手たちと外でのトレーニングに参加している」

「アントニオは大きな怪我に見舞われた。彼は4月からあまり試合に出場していない。ウルヴズ戦には45分出場したがね。昨シーズンと同じく、負傷によって戦線離脱を余儀なくされたんだ。残念ながら怪我での離脱については仕方のないことだよ」

「アントニオはあと少しで万全な状態になるよ。来週か再来週、試合に出場することができたら幸いだ」

ロス・バークリーとアンドレアス・クリステンセンは今月の初めから怪我に悩まされている

「クリステンセンは今も離脱中だよ。ロス・バークリーは大事に至ってはいないが、離脱中だ。来週には回復できることを願うばかりだね」

また、ランパードはバーンリーがなぜ危険なチームなのかを語った

「ターフ・ムーアでのゲームはとても難しい。バーンリーをリスペクトしているよ。力強いプレーをする。ボックス内へのボールの運び方はとても洗練されているね。バーンリーは2人のFWが混乱をもたらすんだ。チームはコンディションの状態の良し悪しに関わらず、誰が前線で試合に出ようとも、素晴らしいチームプレーを見せる」

「全てのチームの強みをリスペクトしなければならない。それが義務なんだ。ここまで過密日程をこなしてきているからリカバリーとフィットネスの回復に時間がかかる。選手たちの体の状態を取り戻して試合に臨ませる必要があるんだ。なぜならフィジカルを使うタフなゲームになるからね。試合に臨むにあたって最も重要なことは、相手に何ができて自分たちには何ができるのかを見極めることだね」

「バーンリーの試合はたくさん見てきたし、相手に楽なゲームさせないチームだ。彼らはゴールを奪い続けている。いつもタフなゲームになるんだ」