メイソン・マウント、リース・ジェイムス、コナー・ギャラガーが、来週からのネーションズリーグに向けたガレス・サウスゲート監督のイングランド代表メンバーに選ばれた。

イングランドは、ハンガリーとドイツとのアウェー戦、イタリアとハンガリーとのホーム戦を控えいる。6月4日土曜日のブダペストでの初戦と、6月11日モリーヌでのイタリアとのホーム戦も無観客試合となる予定だ。

マウントはイングランド代表として27試合に出場し、4ゴールを記録している。ジェームズは10回、今シーズンをクリスタル・パレスで過ごしたギャラガーは昨年デビューして以来3回出場している。

チェルシーのトリオは、ネーションズリーグのグループA3でチェルシーの選手たちが直接対決する可能性を秘め、サウスゲイト監督が4試合のために指名した27人の選手のグループの中に選ばれている。ドイツ代表にはカイ・ハフェルツ、ティモ・ヴェルナー、トニ・リュディガー、イタリア代表にはジョルジーニョとエメルソンが選出されている。

エンゴロ・カンテ(フランス)、マルコス・アロンソとセサル・アスピリクエタ(スペイン)、ロメル・ルカクとミシー・バチュアイ(ベルギー)も、6月初旬のネーションズリーグに参加する予定だ。

ビリー・ギルモアとイーサン・アンパドゥを擁するスコットランドとウェールズは、ワールドカップのプレーオフを控えている。

ブラジルのチアゴ・シウバはアジアで親善試合を行い、クリスチャン・プリシッチとアメリカは北中米・カリブ海サッカー連盟ネーションズリーグの開幕を含む4試合を控えている。

今週末、全選手が確定した時点で、シニアおよびユースの全試合の詳細を掲載したインターナショナル・プレビュー記事を発表する予定です。