クラブパートナーであるThreeの最新の特別オファーを記念して、今シーズンのプレミアリーグで最も多くのゴールとチャンスを生み出した二人組を紹介したい。

Threeは、iPhone 12の購入者にBeats Flexヘッドフォンを無料でプレゼントするキャンペーンを実施しているが、このキャンペーンを記念して、現在チェルシーで最も成功しているペアをいくつか紹介する。

最初のコンビネーションはメイソン・マウントのセットプレーでの才能が起点となる。プレミアリーグで、彼とクルト・ズマのコンビほど多くのゴールを決めたブルーズの選手はいないからだ。

今季、ズマがリーグ戦で5ゴールを挙げたうち3ゴールは、マウントのフリーキックやコーナーから生まれたもので、組み合わせとしてはベストコンビとなっている。しかし、今シーズンのプレミアリーグで3ゴールを挙げているもうひとつの組み合わせがあり、彼らはあまり目立たないものだった。

カイ・ハフェルツとカラム・ハドソン=オドイが今季決めたリーグ戦6ゴールのうち、半分はこの2人のコンビネーションによるものだ。その中には、先月のクリスタル・パレス戦(4-1)でハドソン=オドイが巧みなパスでハフェルツの先制点をアシストした場面や、プレミアリーグ、マンチェスター・シティ戦とウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦でハフェルツがハドソン=オドイの2ゴールをアシストした場面が含まれている。さらに驚くべきことに、2人が一緒にピッチに立った時間はわずか518分で、マウントとズマに比べて3分の1以下である。

それ以外では、ティモ・ヴェルナーと組むことが得点の秘訣のようだ。プレミアリーグ、デビューシーズンで、タミー・エイブラハム、ベン・チルウェル、ハフェルツ、マウントと組んで、得点とアシスト合計でそれぞれ2ゴールをマークしている。

ヴェルナーとマウントのコンビは、リーグ戦で26回チャンスを生み出していて、チェルシーで次に多いマウントとクリスティアン・プリシッチのコンビよりも12回多くチャンスを作っている。シュートを打つ頻度の高い5つの組み合わせのすべてにマウントが含まれていることからも、マウントがチャンスメイクに貢献していることは明らかで、他にもハフェルツ、リース・ジェイムズ、ズマがパートナーとして名を連ねている。

ThreeのパワフルなiPhone 12で、どこにいてもブルーズを応援しましょう。無制限のデータ通信を月々45ポンド、前払いで29ポンドでご利用いただけます。さらに、Beats Flexヘッドフォンもプレゼント中。