チェルシーのスター選手4人とクラブのレジェンドたちが、制限時間との戦い「バトル・オブ・ザ・ブリッジ」で腕を競い合いました。

選手たちは、現代自動車の電気自動車IONIQ 5が10%から80%まで充電するのにかかる時間である18分間で、チェルシーFCの歴史に関する謎解きやスキルゲームをクリアして、優勝の座を争いました。ジョルジーニョとセサル・アスピリクエタがベン・チルウェルとビリー・ギルモアと対戦し、チェルシーFCのレジェンドであるジミー・フロイド・ハッセルバインクがホスト役を務めました。トーマス・トゥヘルが見守る中、各チームはゲームの途中で他のレジェンドにも出会いました。

スタンフォードブリッジで行われたこのチャレンジでは、チームはピッチサイドに集合し、ハッセルバインクがIONIQ 5のプラグを差し込むと、18分から5分ごとに約60マイルの航続距離が加算されていく時計がスタートしました。そこからは、ミュージアムからドレッシングルームまで、ホームスタジアム内のあらゆる場所でチャレンジが行われ、チェルシーの歴史に関する知識やテクニックなどが問われました。未来的な外観のヒュンデ(ヒュンダイ) IONIQ 5は、現代自動車の画期的なBEV専用プラットフォーム(E-GMP)をベースにしており、高速充電、走行距離の延長、優れたハンドリング、広い室内空間を実現しています。IONIQ 5は、持続可能なモビリティーに革命をもたらすだけでなく、居住空間と移動空間を再定義する、まったく新しい車内体験を提供するインテリアを備えています。IONIQ 5には、エコ加工されたレザーやリサイクル糸など、環境に配慮した素材が多用されています。

IONIQ 5は、さまざまな電動パワートレイン、2輪および4輪駆動の構成で提供され、わずか18分で10%から80%まで充電でき、0-62mphまでわずか5.2秒で加速し、1回の充電で最大300マイル走行することができます。

現代自動車とチェルシーの関係は、現代自動車の有名なロゴが、男女のチームからアカデミーまで、国内のすべての試合のシャツの袖に表示されます。この4年間の契約は、現代自動車にとってイギリスのサッカー市場への初の進出となります。一方で、現代自動車は約20年にわたって国際的にサッカー業界と長期的な関係を築いてきました。

現代自動車UKのMDであるアシュリー・アンドリューは、「最近、IONIQ 5が『Auto Express』誌のカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたので、当社のタイトルホルダーとチェルシーのチャンピオンズリーグ・ヒーローの姿を重ね合わせ、ちょっとした楽しみを提供するのは当然のことです。このビデオでは、電気自動車に関する新しい言葉の中で見落とされがちな、IONIQ 5を所有することの利点を浮き彫りにしたいと考えています。350kWの充電機能を備えていると言っても、多くの人にはピンとこないかもしれませんが、パートナーであるチェルシーFCの協力を得て、実際に動作している様子を魅力的な方法で見ることで、IONIQ 5が妥協のない車であるというメッセージをしっかりと伝えることができました。」と述べています。