the 5th Standアプリからチェルシーファンがポジションごとに10年間のベストイレブンを投票。その結果が明らかになった。

ブルーズで活躍した誇り高き選手たちの中から、11人が選ばれている。

世界中のチェルシーサポーターによって選ばれた、10年間のベストイレブンは以下の通りだ…

10年間のベストGK - ペトル・チェフ

ペトル・チェフの受賞は納得だろう。中でも2012年のチャンピオンズリーグでは歴史的な勝利に貢献。2010年にはプレミアリーグとFA杯のダブルを達成している。

10年間のベスト右サイドバック - ブラニスラヴ・イヴァノヴィッチ

セサル・アスピリクエタを僅差で上回ったのはイヴァノヴィッチ。2冠を達成したシーズンにはPFA年間ベストイレブン入りを果たし、その後も数多くのタイトルを獲得した。持ち前の固い守備はさながら、2013年のヨーロッパリーグ決勝戦ではチームを同大会制覇へと導く決勝ゴールを決めている。

10年間のベストセンターバック - ギャリー・ケイヒル

2012年に加入したケイヒルは守備の要として7年間チームを牽引。加入から数ヶ月後にFA杯とチャンピオンズリーグ制覇を達成すると、その後はジョン・テリーからアームバンドを受け継ぎ、チームをプレミアリーグ王者へと導いている。

10年間のベストセンターバック - ジョン・テリー

2000年代から2010年代にかけて、キャプテンとして数多くのトロフィー獲得に貢献したジョン・テリー。中でもチャンピオンズリーグ優勝メダルは記憶に残るものだ。

10年間のベスト左サイドバック - アシュレイ・コール

ブルーズ最高の左サイドバックはイングランドでも史上最高の左サイドバックとなった。2010年、プレミアリーグ最終節のウィガン戦ではチームの8点目となるゴールを決め、リーグ制覇に貢献。バイエルン・ミュンヘン戦でもPKを成功させるなど、数多くのタイトルを手にした。

10年間のベストミッドフィルダー - マイケル・エシエン

ジョゼ・モウリーニョから慕われたエシエンは怪我による長期離脱があったものの、チームに欠かせない存在となった。チャンピオンズリーグ制覇を果たしたシーズン、ナポリ戦ではチームの劇的な逆転勝利に貢献している。

10年間のベストミッドフィルダー - エンゴロ・カンテ

2016年に加入したカンテはチェルシーの心臓となった。ビッグゲームでもゴールを決めており、リーグ制覇を果たした2017年には数多くの個人賞も獲得している。

10年間のベストミッドフィルダー - フランク・ランパード

現在チェルシーの監督を務めるランパードはストライカーではなく、ミッドフィルダーでありながら、クラブ歴代最多得点記録の保持者だ。出場試合数、アシスト数、獲得トロフィー数、そしてチャンピオンズリーグ決勝戦ではアームバンドを巻くなど、どれをとっても納得の選出だろう。

10年間のベストウィンガー - ウィリアン

チェルシーで7年目を迎えるウィリアンだが、その輝きは増すばかりだ。数多くの選手が集うウィンガーというポジションだが、トッテナム戦を代表とする数多くの試合での活躍が、ファンの心を掴んだことは間違いないだろう。

10年間のベストストライカー - ディディエ・ドログバ

チェルシーのストライカーといえば、この選手。2010年にはリーグ得点王となる活躍でシーズン2冠に貢献すると、ミュンヘンでもチームをチャンピオンズリーグ制覇へと導いた。獲得したプレミアリーグのタイトルは4つ。歴史に名を残したストライカーだ。

10年間のベストウィンガー - エデン・アザール

チェルシーファンから年間最優秀選手に4度選ばれたアザール。ファンにとって忘れられない存在となった。ベストイレブンに選出された理由を説明する必要もないだろう。数多くのゴール、数多くのアシスト、そして特徴的な笑顔でチェルシーのファンを魅了し、チェルシーを数々の栄光へと導いた。

アプリのダウンロードはこちらから