チェルシーは、世界中のクラブが参加するFCシリーズの一環として、この夏、待望の米国復帰を果たす。

7月23日(土)にオーランドのキャンピング・ワールド・スタジアムで行われるアーセナルとのダービーを皮切りに、1週間の「クラッシュ・オブ・ネイションズ」ツアーに参加する。フロリダカップは、その晩に開催される予定だ。

チェルシーは、FCシリーズ期間中、米国内で7月16日と7月20日の2回、国際試合を開催する予定だが、場所と対戦相手はまだ未定。

チェルシーのテクニカル&パフォーマンスアドバイザーのペトル・チェフは、「米国ツアーでは、いつも多くのファンをスタジアムに連れて行き、チェルシーのプレーを生で見る機会を提供し、成功を収めてきた。米国には私たちが自信を持って築き上げた巨大なファンベースがあり、そのファンベースが年々大きくなっているのも実感している。FCシリーズとフロリダカップに出場し、合計3試合の試合を行うことで、次のシーズンに向けて良い準備をし、米国の観客に自分たちの力を示すことができるのは喜ばしいことだ。」と語った。フロリダ・カップ/FCシリーズのCEOであるリカルド・ヴィラールは、「スポーツを通じて世界の国々をつなぐという伝統を引き継ぐことができ、とても嬉しく思う。地元のオーランドや北米のパートナーの協力のもと、イギリスから渡米するクラブに一流の体験を提供できることを楽しみにしてる」と述べた。

チェルシーは新オーナーのもとで参加することになるだろう。ブルースは、クラブの売却が完了し、それに応じて英国政府の制裁の対象から外れた場合にのみ渡航する。

FCシリーズのチケット情報は、FCSeries.comでご覧いただけます。放送情報、開始時刻は年内に発表予定である。