珍しいミッドウィークの開催となった今節、数字から試合をプレビューしていこう...

チェルシー vs アストンヴィラ 対戦記録

チェルシーはホームでアストンヴィラ相手に直近9試合で平均3.5ゴールを決めており、2012年に記録した8-0での勝利はリーグ戦での最大得点差勝利となっている。

チェルシーはプレミアリーグ、ホームでのアストンヴィラ戦直近4試合で勝利を収めている。合計スコアは15-1。しかしアストンヴィラ相手にホームで5連勝は記録したことがない。

最近のチェルシー

OPTAが2003/04シーズンから記録を始めてから、初めて前節のウェストハム戦でファール数0を記録。

アウェイでは19ゴールを決めているのに対し、ホームでは9ゴールを記録。

昇格組相手にチェルシーはホームでの直近55試合で敗戦したのは2015年の12月ボーンマス戦のみ(44勝、10敗北)。

2011年に記録したホームでのリーグ戦連敗は避けたいところ。

ウェストハム戦ではリーグ戦ホームで15試合ぶりとなる無得点に終わった。

フランク・ランパードは選手時代、他のクラブよりも多い14ゴールをアストンヴィラ相手に決めている。26試合で13勝、7分、6敗。

ウェンブリーで行われたプレーオフの決勝を含めると、ランパードはダービーの監督としてアストンヴィラ相手に昨シーズン3戦全敗。

プレミアリーグ得点者

エイブラハム 10、プリシッチ 5、マウント 4、カンテ 3、ウィリアン 2、アロンソ 1、バチュアイ 1、ジョルジーニョ 1 (PK)、トモリ 1

マイルストーン

出場すると、エンゴロ・カンテがプレミアリーグ通算150試合出場を達成(レスター時代を含める)。

マルコス・アロンソはスタメン出場でチェルシー通算100試合目のスタメンとなる。

ケパ・アリサバラガ、ジョルジーニョは今節に出場するとプレミアリーグ通算50試合目を迎える。

数字で見るアストンヴィラ

昨シーズンチャンピオンシップ - 5位 (プレーオフを勝ち抜き昇格)FA杯 - 3回戦敗退リーグ杯 - 2回戦敗退公式戦得点王:タミー・エイブラハム 26

今季プレミアリーグでのスタッツ最多出場:マッギン 14、ミングス 14、ウェズレイ 14最多ゴール:ウェズレイ 4、エル・ガジ 3、グリーリッシュ 3、マッギン 3最多アシスト:エル・ガジ 4、グリーリッシュ4最多クリーンシート:ヒートン 3

アストンヴィラは2015年4月にトッテナムに勝利して以降ロンドンでの試合で8試合勝利がない。また、そのうち7試合は少なくとも2失点を喫している。

またトップ4に入っているチーム相手に13試合で得られた勝ち点はわずかに1。最後に勝利したのは2011年12月のチェルシー戦(3-1)。

そして今季のプレミアリーグで最も逆転負けが多いのがアストンヴィラ(13)、アウェイでリードしてそのまま勝利した試合は4試合中1試合のみ。

ジャック・グリーリッシュはプレミア直近7試合で6ゴール(3ゴール、3アシスト)に絡んでいる。また、プレミアリーグでゴールとアシストを3点以上記録しているイングランド人選手はグリーリッシュを含め、ジェイミー・ヴァーディとマーカス・ラッシュフォードの3人のみ。

グリーリッシュは今季のプレミアで53と最多のファール数を記録。またウェズレイは31と最多の被ファール数を記録している。

プレミアリーグ得点者

ウェズレイ 4、エル・ガジ 3、グリーリッシュ 3、マッギン 3、ドウグラス・ルイス 2、フリハン 2、トレゼゲ 2、ミングス 1、ターゲット 1

アストンヴィラはアウェイ7試合で勝ち点を4獲得。

ディーン・スミスはプレミアでチェルシーと初の顔合わせ。カップ戦ではウォールソール時代、ブレントフォード時代に対戦し、それぞれで敗れている。

前節のプレミアリーグ

12月1日、日曜日マンチェスター・ユナイテッド 2-2 アストンヴィラ4-3-3:ヒートン;ギルベール、コンサ、ミングス、ターゲット;マッギン;ドウグラス・ルイス、フリハン(ランスベリー 81);エル・ガジ(トレゼゲ 18)、ウェズレイ、グリーリッシュ(c)警告:ギルバート得点者:グリーリッシュ 11、ミングス 66

その他

DFのフレデリク・ギルベールが累積で出場停止。

プレミアリーグでは19節を前に5枚の累積で1試合出場停止となる。

プレミアリーグ警告リスト

チェルシー:ジョルジーニョ 6、アロンソ 3、エイブラハム 2、クリステンセン 2、コヴァチッチ 2、トモリ 2、ウィリアン 2、エメルソン 1、ハドソン=オドイ 1、カンテ 1、マウント 1、ズマ 1

アストンヴィラ:ギルベール 5、グリーリッシュ 3、フリハン 2、ミングス 2、トレゼゲ 2、ドウグラス・ルイス 1、エル・ガジ 1、エンゲルス 1、マッギン 1、ナカンバ 1、テイラー 1、ウェズレイ 1