ウェンブリーで行われるFAカップ決勝を前にブルーズとフォックスのデータを見ていこう。

FAカップ前回の対戦

各チームの最多得点差勝利

レスター 0-4 チェルシー 2003/04(プレミアリーグ)

チェルシー 4-0 レスター 1924/25(ディビジョン2)、1957/58(ディビジョン1)、1994/95(プレミアリーグ)

レスター 4-0 チェルシー 1924/25(ディビジョン2)

チェルシーのスタッツ

チェルシーは改築後のウェンブリーで25試合目を迎える(中立地として)。これはどのチームよりも6試合以上多い数となる(ウェンブリーを一時期ホームグランドとして使用していたトッテナムとの試合は含まない)。

チェルシーはこれまでに8回の優勝を経験しているが、毎回異なる監督がトロフィーを掲げており、トーマス・トゥヘルは優勝すれば9人目となる。

トゥヘルはFAカップの決勝に進出した初のドイツ人監督となった。

チェルシーは、過去20回のFAカップのうち18回(うち1回はPK戦)勝っていますが、2019年はマンUに、昨シーズンはアーセナルに決勝で敗れている。

FAカップの得点者

エイブラハム4、ツィエク2、ハフェルツ1、ハドソン=オドイ1、マウント1、ヴェルナー1、オウンゴール1

FAカップ準決勝4月17日(土)

チェルシー 1 マンチェスター・シティ 0チェルシー(3-4-2-4):ケパ;アスピリクエタ(C)、シウバ(ズマ87)、リュディガー;ジェイムズ、カンテ、ジョルジーニョ、チルウェル;ツィエク(エメルソン78)、マウント(プリシッチ70);ヴェルナー(ハフェルツ78)

得点:ツィエク55

2018年に入ってからPK戦では3勝3敗で、今シーズンはカラバオカップでトッテナムにアウェーにて5-4で敗れた。

記録

レスターのスタッツ

2016年1月にFAカップでデビューして以来、ケレチ・イヘアナチョは同大会(1回戦以降)で19試合14得点と他のどの選手よりも多くのゴールを決めている。

また、今シーズンのFAカップでイヘアナチョは得点ランキングトップとなっている。ラウンド5、準々決勝、そして準決勝での決勝点など、決勝までのレスターのゴールの3分の1を決めている。

準決勝のサウサンプトン戦でゴールを決めたイヘアナチョ

レスターは、2000年のリーグカップ決勝でトランミアを2-1で破って以来、初めて主要なカップ戦の決勝に進出した。

フォックスはトップリーグのチームを相手にFAカップで初めて4連勝を狙う。

フォックスは、ウェンブリー・スタジアムで行われた過去15試合のうち10試合に敗れている。

レスターは、過去5回のPK戦のうち4回勝利しているが、これらはすべてリーグカップでのもの。

FAカップ得点者:

イヘアナチョ4、ティーレマンス2(1PK)、オルブライトン1、バーンズ1、ジャスティン1、マディソン1、ペレス1、ウンデル1

レスターのFAカップ準々決勝 4月19日(日)

レスターのFAカップ準々決勝 4月19日(日)

レスター 1 サウサンプトン 0

レスター(3-4-1-2):シュマイケル(C);フォファナ、エヴァンズ、ソユンク;カスターニュ、ディディ、ティーレマンス、ペレイラ(オルブライトン60);ペレス(マディソン69);イヘアナチョ、ヴァーディ

得点:イヘアナチョ55

観客:4000人

セルティックでスコットランドFAカップを制覇したブレンダン・ロジャーズは、サー・アレックス・ファーガソンがアバディーンとマンUで達成して以来となるイングランドとスコットランドの両FAカップ制覇を狙う。

ブレンダン・ロジャーズのチェルシーとの戦績:1勝8分け7敗

主審 と VAR