マンチェスター・ユナイテッドとは今シーズン2度目の対戦。カラバオ杯の一戦をデータでプレビューしよう…

チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 対戦成績

チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドがリーグ杯で顔を合わせるのはこれが5度目。最近では2012/13シーズンに4回戦で対戦している。

全てのカップ戦を含め、マンチェスター・ユナイテッドとの対戦はチェルシーの7勝4分13敗だ。

スタンフォードブリッジで行われた直近のマンチェスター・ユナイテッド戦は昨シーズンのFA杯。この試合ではユナイテッドがアンデル・エレーラとポウル・ポグバのゴールで勝利している。

両チームの最多得点差勝利

チェルシー 5-0 マンチェスター・ユナイテッド、スタンフォードブリッジ、1999/2000(プレミアリーグ)マンチェスター・ユナイテッド 6-0 チェルシー、オールド・トラフォード、1960/61(ディヴィジョン1)リーグ戦におけるマンチェスター・ユナイテッドのスタンフォードブリッジでの最多得点差勝利は1947/48シーズン、ディヴィジョン1での4-0での勝利だ。

最近のチェルシー

公式戦8連勝を狙うチェルシー。クラブ記録は2016年10月から2017年1月にかけて達成した公式戦10連勝だ。

ブルーズは3シーズン連続となるカラバオ杯準々決勝進出を果たしたいところ。

チェルシーが最後にリーグ杯4回戦で敗れたのはアントニオ・コンテ監督時代の2016年10月。敵地ロンドン・スタジアムでウェストハムに2-1で敗れている。

リーグ杯4回戦におけるホームでの敗戦となれば、2008/09シーズンまで遡る。当時チャンピオンシップに所属していたバーンリーとの対戦は延長戦が終わっても決着がつかず、最後はPK戦の末にチェルシーが敗れた。この試合ではフランク・ランパードが25分に負傷したジュリアーノ・ベレッチに代わって途中出場している。

ランパードはブルーズでの現役時代、マンチェスター・ユナイテッド相手に11勝10分10敗。6ゴールを決めている。

マンチェスター・ユナイテッドのスタッツ

マンチェスター・ユナイテッドはリーグ杯を14度制覇している。

先週のヨーロッパリーグでは敵地でパルチザンに勝利したユナイテッド。アウェイゲームでの勝利は実に3月のチャンピオンズリーグ、PSG戦以来だ。それ以降は4分7敗という結果に終わっている。

また、日曜日にはアウェイでノリッチを下したユナイテッド。プレミアリーグのアウェイゲームでは2月以来の勝利となった。

今シーズンは6本のPKを手にしたマンチェスター・ユナイテッドだが、そのうち4本を失敗。ノリッチ戦では2本のPKを失敗している。

オーレ・グンナー・スールシャール率いるユナイテッドは今シーズン公式戦14試合で16ゴールを記録。チーム内得点王はマーカス・ラシュフォードの5点だ。

リーグ杯でマンチェスター・ユナイテッドを下した最近4チームはいずれも下部リーグ所属。プレミア勢で最後にユナイテッドに勝利したのは2013/14シーズンのサンダランドだ。

その他

出場停止はなし。

イエローカードはそれを提示された大会でのみ累積される。カラバオ杯では2枚の累積警告で1試合出場停止だ。準々決勝の時点で累積がリセットされるため、累積警告によって決勝戦で出場停止となることはない。

カラバオ杯での警告数チェルシー:なしマンチェスター・ユナイテッド:ウィリアムズ 1

チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド レフェリー

主審:ポウル・ティアニー

ポウル・ティアニーがチェルシーの試合を担当するのは今月2度目。代表ウィーク前のサウサンプトン戦で主審を務め、バーンリー戦ではVARを担当していた。