今週末にはプレミアリーグが再開。ブルーズはホームで土曜の午後に試合を行う。試合に向けてこれまでの数字を振り返っていこう...

チェルシーvs ニューカッスル 直接対決記録

ニューカッスル相手にチェルシーはホームで公式戦直近7試合で勝利。またゴールは20を記録、失点はわずかに3だ。ニューカッスルはチェルシーとのアウェーゲーム、過去25試合で勝利したのはわずかに1試合(7分、17敗)、2012年5月に、アラン・パーデュー監督の下2-0で勝利を収めた。プレミアリーグでチェルシーが最も勝利を挙げている対戦チームは、ニューカッスルとなっている(17勝、トッテナム相手にも同じ数字を記録)。

最大得点差勝利

チェルシー 6-0 ニューカッスル 1980/81 旧2部ニューカッスル 5-0 チェルシー 1974/75 旧1部

ニューカッスルがスタンフォードブリッジで記録した最大得点差勝利は1914/15シーズンに記録した3-0での勝利。

チェルシー直近の記録

チェルシーは2018年11月以来となる公式戦5連勝を目指す。タミー・エイブラハムはプレミアリーグ8試合で8ゴールを決めたイングランド人選手となったが、以前にはウェイン・ルーニーが2011/12シーズンに記録している(9ゴール)。今シーズンのプレミアリーグでブルーズは18ゴールを記録。これよりも多いゴール数を記録しているのはリヴァプール(20ゴール)、マンチェスター・シティ(27ゴール)のみとなっている。フランク・ランパードは選手時代、ブルーズでニューカッスル相手に15勝、5分、6敗という戦績で、ゴールは6つ奪っている。またスティーヴ・ブルースが率いるチーム相手には計7ゴールを決めた。

プレミアリーグ得点者

エイブラハム 8、マウント 4、カンテ 2、バチュアイ 1、ジョルジーニョ 1 (PK)、トモリ 1、ウィリアン 1

マイルストーン

サウサンプトン戦に出場したマルコス・アロンソがプレミアリーグでのチェルシー通算100試合出場を達成。

数字で見るニューカッスル

昨シーズンプレミアリーグ - 13位FA杯 - 4回戦敗退カラバオ杯 - 2回戦敗退公式戦得点王:アジョセ・ペレス  13

昨シーズンのプレミアリーグでのスタッツ最多スタメン出場:ドゥーブラフカ 38、リッチー 34、ペレス 33最多ゴール:ペレス 12、ロンドン 11、シュア 4最多アシスト:リッチー 8、ロンドン 7、ヘイデン 4最多クリーンシート:ドゥーブラフカ 11

ニューカッスルは今季のプレミアリーグでアウェー4試合のうちで3敗。ノリッチ、リヴァプール、レスター相手に敗戦している。しかし8月にはトッテナム相手に1-0で勝利を収めた。

またロンドンで行われたプレミアリーグ直近2試合(フルハム、トッテナム)で勝利を収めているニューカッスル。そして過去20試合を見ても2勝となっている。ニューカッスルは4月以来となるプレミアリーグでの連勝を狙う。またスティーヴ・ブルースはここまでビッグ6相手にすでに2勝と、昨シーズン記録した1勝を上回っている。

今シーズンプレミアリーグで5ゴールのニューカッスルだが、これを下回るチームは4ゴールのワトフォードのみ。

プレミアリーグ得点者

ジョエリントン 1、マシュー・ロングスタッフ 1、シェア 1、シェルヴェイ  1、ウィレムス 1

2週間前、スティーヴ・ブルースは監督23度目の対戦にして初めてマンチェスター・ユナイテッド相手に公式戦初勝利を収めた。

またこの試合がスティーヴ・ブルース監督の通算400試合目となったが、これは7人目の記録だ。

チェルシー vs ニューカッスル レフェリー、VAR

レフェリー:アンドレ・マリナーVAR:マイク・ディーン

アンドレ・マリナーは昨シーズン、チェルシーの試合を2試合担当。ホームでのリヴァプール戦、トッテナム戦だ。

警告

ニューカッスルのアイザック・ヘイデンが出場停止。

ジョルジーニョはあと1枚警告をもらうと出場停止。プレミアリーグでは第19節を前に5枚のイエローカードを提示されると1試合出場停止となる。

警告リスト

チェルシー:ジョルジーニョ 4、エイブラハム 2、アロンソ 2、クリステンセン 2、カンテ 1、コヴァチッチ 1、トモリ 1、ズマ 1

ニューカッスル:アルミロン 2、ダメット  2、ジョエリントン 2、シェア 2、アツ 1、ヘイデン 1、シーン・ロングスタッフ 1、マンキージョ 1、リッチー 1、イェドリン 1