今週初めにイングランド代表への復帰が発表されたベン・チルウェルが、スリーライオンズへの招集に対する反応を語った。

チェルシーの左サイドバックは、自身の公式ツイッターアカウントで、ラヒーム・スターリング、メイソン・マウント、そしてリース・ジェイムズとともにガレス・サウスゲート英代表監督の召集リストに再び加わったことへの喜びを語った。

「ああ、確かにね」とチルウェルは答えた。「最後の招集から1年近く経っているからね。」「もちろん、怪我をして、過去8、9ヶ月間、代表でプレーする機会を失っていたから、(復帰できて)本当に良かったし、試合に出られることを願っている。ワールドカップに向けて、とても楽しみだよ。」

25歳のチルウェルは、チャンピオンズリーグの試合で膝の靭帯を負傷するわずか1、2週間前に、2つの大勝利を収めたのが代表での最後のプレーとなっていた。その前月、アンドラに5-0で大勝した際にはゴールも決めている。

それらの勝利によってワールドカップ本戦への出場を決めたイングランド。今月末の2試合は、その前の最後の国際試合となるUEFAネーションズリーグのイタリアとのアウェー戦とドイツとのホーム戦だ。

チルウェルにとって、この代表戦はワールドカップに参加するためのチャンスとなる。

「皆、自信に満ち溢れ、興奮の中、ワールドカップに向け、再び団結し懸命にプレーすることを楽しみにしていることだろう」と彼は語った。