ベン・チルウェルにとって、この半年間は長く厳しいものだったが、先日のスタンフォードブリッジでのワトフォード戦の終了間際に復帰し、最高の形でシーズンを締めくくることができた。

チルウェルは、11月にユヴェントスを破ったときに膝に重傷を負った。この負傷により、個人としてもチームとしても好調だった時期に突然チームを離脱することになり、それ以来、チェルシーは左サイドバックの不在に終始悩まされることになった。

年末に手術を受けたチルウェルは、コブハムでハードワークをこなし、徐々に体力を回復させて先週からグループトレーニングに復帰していた。

2021/22シーズンの最終戦の終盤、彼はピッチでのプレーを味わい、その後のチェルシーTVのインタビューでは感激した様子で質問に答えた。

「この瞬間が、この数ヶ月の自分の原動力だった。ピッチに立とうという気持ちでモチベーションを高めジムで懸命にトレーニングをしてきた。」

「まず、家族に感謝しなければならない。彼らはずっと一緒にいてくれた。スタッフ、そして選手たちも最高だった。みんなからのサポートは素晴らしく、それがまた自分がここまで回復し、良い気分にしてくれた要因のひとつだ。」

「とても緊密なグループなんだ。怪我をしたその日から、ファン、スタッフ、選手、チェルシーに関わるすべての人たちのサポートを感じてきた。そのおかげで、怪我を乗り越えるのがとても簡単になったし、復帰できてとても嬉しい。」

チルウェルの復帰は、ブリッジにいる全員の歓声に迎えられ、その瞬間は、偉大な仲間であるメイソン・マウントの代わりに出場したことで特別なものとなった。

「意図的なものだったのだろう。監督とは話していないが、出場するときに監督は『君は素晴らしい。頑張って今の状態まで戻ってきたんだ。』と言ってくれた。彼のために出場できたことはよかったし、彼にとってもまた素晴らしいシーズンとなった。」

「出場したときは、興奮や緊張など、さまざまな感情が頭の中を駆け巡った。ファンの反応もすごかった。サッカーのピッチに立つのは久しぶりだ。シーズン終了前にこのようなことができたのは、本当によかったと思う。」

「心理的にも、みんなと1週間練習したし、シーズン最終戦に参加したし、プレシーズンに入ったら、本当に頑張れる。」

「これから数週間のオフがあり、それからまたトレーニングに復帰する。まだやることはたくさんある。シーズンはすぐにやってくる。プレシーズンに向けてコンディションを整えるために、夏の間のハードワークが大事になる。」