チェルシーとの契約が満となった了アンドレアス・クリステンセンのバルセロナへの移籍が正式に発表された。

クリステンセンは、先月、スタンフォードブリッジを去ることが決定し、フリーエージェントとしてリーガ・エスパニョーラのバルセロナに移籍することになった。

チェルシーでチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、クラブワールドカップ、スーパーカップを制覇したクリステンセンは、ブルーズでの彼の成長に果たしたクラブ関係者への感謝と、キャリアの新しい段階へ進むという決断について語った。



Instagramに「今までありがとう」と投稿したクリステンセン。

「16歳でデンマークを去るという厳しい決断を迫られたとき、自分にとっての選択肢はただ一つ、チェルシーだった。ニール・バースとジム・フレイザー(ユース育成部長とアシスタント)には、すぐに家族の一員として受け入れてくれたことに感謝している。」

「クラブで最も誇りに思う瞬間は、FAユースカップとUEFAユースリーグで優勝したときだ。彼らは、自分がチームメイトとして誇りに思う特別な若い選手たちだった。」

「昨年は、ポルトでチャンピオンズリーグを制したことが、選手として、チームとして、最も誇れることだった。」

「チェルシーでキャリアをスタートさせるときは、希望と不安を抱えた少年だった。自分の夢をかなえてくれたクラブ全体に感謝している。」

「このクラブで素晴らしい10年間を過ごし、今が自分と家族にとって新しいスタートの時だと感じた。このクラブとファンを去ることは簡単な決断ではなかったし、ここ数ヶ月は精神的に厳しかった。」

「自分はあまり多くを語る人間ではないので、クラブやファンが自分にとってどれだけ大切な存在であるかを理解してもらえないことがある。選手、スタッフ、ここにいるすべての人と会えなくなるのは寂しい。クラブとファンには幸運を祈ります。」