アンドレアス・クリステンセンが、ブルーズとの長期的な契約を希望していると語った。

土曜日に行われるワールドカップ予選、デンマーク代表のモルドバ戦を前に、クリステンセンはスタンフォードブリッジに残るための新たな契約が提示されることを期待していると語った。

「物事がどのようになるか予想するのは難しい」と述べるクリステンセン。「たくさんの話が出ている。あまり多くを語るつもりはないけど、うまくいっていると思う。チェルシーにいられて幸せなんだ。」

2012年に15歳でクラブのアカデミーに入団したクリステンセンは、トーマス・トゥヘル監督のもと、現在チェルシーで「大きな役割」を担っていることに満足していると付け加えた。

クリステンセンは、トーマス・トゥヘルが率いるチェルシーでは、41試合中23試合で先発出場しており、41試合中24回のクリーンシートに貢献している。

また、トゥヘル監督自身も、アンドレアスを絶賛している。

「アンドレアスは初日から非常に良い動きを見せ、ディフェンスの3つのポジションすべてに対応でき、自信を持ってプレーしている」と、先月のアウェーでのスパーズ戦(3-0)の後に語ったトゥヘル。

「最初の頃は、自分を信じること、自分を主張すること、そして自分のクオリティーを信じることが大事だと感じていたが、彼はこれらのポジションでプレーするのに必要なものをすべて持っている。繰り返しになるけど、非常に力強いパフォーマンスだった。」

「彼のことは完全に信用しているし、彼はこれまで非常によくやっているし、彼がこのような状態を続けることはみんなにとっての目標でもある。」

25歳のクリステンセンは、カスパー・ヒュルマンド率いるデンマーク代表でもレギュラーを務め、ここ10試合連続でスタメン出場を果たし、代表でのキャップ数を50に伸ばしている。