トーマス・トゥヘルは、ウェストブロム戦、クリスティアン・プリシッチがハーフタイムに交代した原因がハムストリングの負傷であることを認めた。

プリシッチは、バギーズ戦に先発出場し、12月以来のゴールを決めたが、試合は2−5で敗れた。ハーフタイムでピッチを退いたプリシッチは、少し違和感を感じていたようで、監督にプレー続行不可能であることを伝えていた。

試合後、監督は、「クリスティアンは、後半に向かう際スプリントをして、このままではハムストリングが試合に耐えられないと言っていた」と事情を説明した。

「だから、彼をすぐに交代させる決断をしなければならなかった。」

この22歳の選手に代わって入った、メイソン・マウントがゴールを決めたが、結局、トゥヘルはサム・アラダイス率いるチームに敗れ、就任後初の敗北を喫した。ブルーズは水曜日、ポルトとのチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグに臨む。