ベン・チルウェルのウェストハム戦での一撃が、9月のチェルシー月間最優秀ゴールに選出された。

チルウェルはベンチからピッチに入ってからすぐに、エリア内で相手DFをうまくかわし、勇気と技術を融合させながら狭い角度からウカシュ・ファビアンスキの股下にボールを通し、チェルシーに同点弾をもたらした。

チルウェルのゴールは、全体の51%の票を獲得した。2位は、ラヒーム・スターリングがRBザルツブルク戦で決めたゴールで、33パーセントの得票率だった。そして、チルウェルのアシストからカイ・ハフェルツが決めた決勝ゴールが3位となった。

チルウェルは、8月のカリドゥ・クリバリに次いで9月の月間最優秀ゴール賞を受賞した。